ゲイがノンケに告白したら2人の関係性はどうなってしまうのか、実体験をもとに考察

 

ノンケの人に好きだと告白したらどうなってしまうの?

ゲイがノンケに告白したら2人の関係性はどうなってしまうのか、実体験をもとに考察

・ゲイのぼくがノンケの好きな人に告白したら2人の関係はどうなったのか
・1回目の告白
・2回目の告白
・告白して恋が叶わなくても、一緒に居続けられることもある

・ゲイのぼくがノンケの好きな人に告白したら2人の関係はどうなったのか

ぼくが自分が同性愛者だと気付きたのは、高校時代の同級生への初恋がきっかけだった。相手はもちろん異性愛者で、この恋が叶う望みはなかった。それでも可愛いって言って髪をなでてくれたり、膝に乗せてくれたり、二人きりのバスの中では膝枕してくれたりして、確実に好きな思いは深まっていった。

叶わないことがわかっているのに好きすぎてつらくて、学校を休んだりすることもあった。ぼくと初恋の人は高2、高3と2年間一緒のクラスだったから余計に心がつらかった。もしも別のクラスで見る機会も少なくなれば、ちょっとは気持ちが楽になれるのにと感じたりしていた。

ぼくが同性愛者(ゲイ)だと気付いたきっかけは高校2年生の初恋だった

2年間一緒にいる中で仲良くなったり喧嘩したりを繰り返しながら、ぼくの中で好きな気持ちが大きくなりすぎて、初恋の人に2回「好き」だと告げたことがある。異性愛者に好きだと告げてもどうしようもないことは分かり切っているし、友達でさえなくなる可能性がある。ぼくが好きな相手に思い切って「好き」だと告げた後、ふたりの関係はどうなっただろうか。その実体験をここでは書き記そうと思う。

 

 

・1回目の告白

1回目は、2人で一緒に下校していたとき。たまたまバスの中で2人きりだったのでバスの一番後ろの広い席で、好きな人に膝枕してもらっていた。なぜかぼくがぷっちょを持っていたので、ぷっちょを食べさせてあげたりして過ごしていると、ふと好きだという気持ちがこみ上げて来て、抑えきれなくなって、初めてその人に「好きだよ」って告げてみた!だけど真剣な感じじゃなくて、あくまで笑いながら、冗談っぽくふるまって。

するとその人はぼくに笑って「ふーん、まぁ俺はぷっちょの方が好きやけどな」って冗談っぽい意味不明な返しをされた!まぁ冗談っぽく返してくれたおかげで変なムードになることもなく、それからも今まで通りの友達の関係でいられたからよかったのかも。もしかしたら関係が完全に壊れないように、あの人が気を遣ってくれていたのかもしれないな。

 

 

・2回目の告白

2回目は、だんだんぼくの好きっていう気持ちが大きくなって、関係が壊れてきた高3の4月。何かの拍子ですごくケンカしてしまって、もう今までみたいに仲のいい関係には戻れないなと思ったら、どうせなら最後にちゃんと好きだったって伝えようと思って、メールで「好きだよ。本当に」って泣きながら送信した。きっとその人とはこれから先もう話すことはできなくなるとわかっていたけれど、それでも自分の素直な気持ちを伝えたいと思った。

予想通りそれから高3の間はほとんど喋られなくなって、早く高校生活が終わればいいのにってずっと思ってた。叶わないとはじめからわかっている初恋をして、叶わないまま終わったのだから当たり前のことだったのに、毎日胸が張り裂けそうなくらいに悲しくて、学校もちょくちょく休むようになってしまった。これから先もずっとこんな風に、叶わない恋を抱きながら生きていくのかと思ったら、自分の未来に何ひとつ希望なんて持てなかった。

女が好きな男に、男から好きだよって告白したら、こんな風に離れ離れになってしまうんだって、それが当たり前の結果なんだって、悲しくても現実的な教訓として受け入れて生きていくしかないと、運命に打ちひしがれながら生きていた。

だけど「好きだよ」って告白したにもかかわらず、高3の終わりくらいになるとまたあっちから話しかけてくれるようになって、前みたいに一緒に帰ったり、一緒に勉強したり、誕生日にもメールくれたりして、ちょっとずつ元通りになっていった。同性愛者から異性愛者に「好きだよ」って告げたら、もう友達ではいられないと覚悟していたけれど、最初からある程度友情を築いていたら、そうでもないものなのかな。もうちゃんと話せないと思っていたから、前みたいに笑い合えないと思っていたから、最後の最後にまた一緒にいられて嬉しかった。

 

 

・告白して恋が叶わなくても、一緒に居続けられることもある

結局大学の受験に一緒に行ったりして高校時代の終わりを、最後に一緒にいられる時間を慈しむように過ごしていた。高校を卒業したらもう会うこともなくなる。ぼくは彼と会えなくなることがとても嬉しかった。叶わないのに津波のように押し寄せてくる恋する心に、やっと諦めをつきつけることができる。ぼくはもう嵐のように荒れる自分の心を一緒に生きていたくはなかった。

最後に仲良く過ごした後、ぼくも彼も浪人することになって彼からの連絡は途絶え、もう連絡を取り合うこともなくなった。これでやっと叶わない恋という呪いから解き放たれて生きられることを、ぼくは心から嬉しく思った。これから先ももう会うこともないだろうと思うと少しさみしいけれど、きっとお互いのためにはそれが一番よかった。

ぼくは自分の初恋の中で、同性愛者が異性愛者に「好きだ」と告白したとしても、まだ一緒にいられる場合もあるんだと知った。しばらくは距離が開いて悲しかったり苦しかったりしたけれど、「好きだよ」と告げたことを後悔したことはないし、きっと言わなかった方が魂が虚しかっただろう。もしかしたら彼も悩んで、最後の最後にぼくのことを思いやってまた近づいて来てくれたのかもしれない。わからないけど。これからぼくができるすべてのことは、彼を忘れられるように、ひたすらに前を向いて進むことだった。

お互いに浪人して、ずっと連絡も途絶えて、もう一生会うこともないだろうと思っていた彼と再開することになった話は、また今度書きます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ぼくが同性愛者(ゲイ)だと気付いたきっかけは高校2年生の初恋だった

同性愛者(ゲイ)から異性愛者(ノンケ)への初恋は誰にも言えない分、純度の高い宝石となって残る

思春期の同性愛者(ゲイ)が孤独を感じる7つの理由

同性愛者(ゲイ)から異性愛者(ノンケ)への片思いの恋がつらい5つの理由と、それでも人を愛することが素晴らしい理由

異性愛者(ノンケ)へ叶わない片思いをしている同性愛者(ゲイ)が聞きたい中島みゆきの隠れた名曲17選