同性愛者として生まれた水色の少年は、この人生で幸せにはなれないのだと悲しい覚悟をした

 

ぼくは神へと戦争を仕掛けて、そして負けた。

同性愛者として生まれた水色の少年は、この人生で幸せにはなれないのだと悲しい覚悟をした

・大学時代、ゲイのぼくとノンケの彼は恋人同士のような関係だった
・彼は幸せになれないはずのぼくの人生において、唯一の希望の光だった
・水色の少年と神との戦争
・神様は水色の少年を殺した

・大学時代、ゲイのぼくとノンケの彼は恋人同士のような関係だった

大学時代、ゲイのぼくと同級生のノンケの彼は不思議なことに恋人同士のような関係になった。合鍵を交換しお互いの部屋を行き来して、「好き」と言っては抱きしめ合い、甘え合い、キスして、触り合っていた。

両思いに!大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

けれど若い彼の燃え盛る本能はいつも女の肉体を求めていた。ぼくという例外がいてもそれを止めることなど到底できずに、ついに彼は人生で初めての彼女を作った。けれど彼はぼくに決してそれを教えてはくれなかった。ぼくはそれを裏切りだと憎んだし、彼もそれが裏切りに当たると知っていたから、ぼくに何も言わなかった。2人が最も幸せになる道は2人が会わないことだと悟り、ぼくはもう彼の部屋に行かないことを決めた。

ノンケの親友に失恋!ノンケの彼はゲイのぼくを裏切って彼女を作った

ノンケの彼と別れて、彼の部屋の明かりを見るだけでぼくの心は泣いていた

心が引き裂かれそうになりながらも4ヶ月間、彼に会わないように努力していたけれど、そんな努力も彼から2通のメールが来ただけで無意味に帰してしまった。大好きな彼から部屋に来てほしいと求められることで、ぼくのどんな決心も努力もいとも容易く崩壊してしまうのだった。ぼくは彼に「他の人にも好きって言ってるならちゃんと教えてほしい」と問い詰めた。彼はぼくに「他の人には好きだなんて言っていない。信じていいよ」と答えた。彼はいつもぼくを裏切って、ぼくは彼を信じてはいなかったけれど、それでもぼくは彼が大好きだった。彼がぼくのことを好きだと言って抱きしめてくれるだけで、ぼくの心は少しずつ満たされていた。

別れたくても別れられない…大好きなノンケの彼に呼ばれると、ぼくはすぐに彼の元へ舞い戻った

けれどそれすら嘘だったことが、クリスマス近くになって彼から明かされた。彼はまだ彼女と付き合っているから、24日は一緒に過ごせないことをぼくに告げた。ぼくは何度裏切られても、何度嘘をつかれても、彼を嫌いになることはできなかった。そして彼はずっと欲しかった女の肉体を手に入れてもなお、無意味にぼくのことを求め続けた。

裏切られ続けたぼくは狂人となって、彼女と過ごすノンケの彼の部屋を訪ねることさえ恐れなかった

 

・彼は幸せになれないはずのぼくの人生において、唯一の希望の光だった

本当は彼のことを嫌いになりたかった。けれどぼくにとって彼は、唯一の光だった。同性愛者として生まれたぼくは、他の人のように普通の幸せを手に入れることはできないと幼い頃から覚悟していた。ぼくは自分が幸せになれない人間だと感じていた。好きな人には絶対に好きだと言われない人生だと思った。愛した人には愛されない人生だと信じていた。けれどそんな自分にかけた呪いを、突然ぼくの前に現れた彼は解いてくれたのだった。

大好きなノンケの彼がぼくを好きだと言って抱きしめてくれた。愛していると言い合ったり、キスしたり、お互いにまだ誰にも触られたことのない果実を触り合った。彼は呪われたぼくの人生に与えられた、たったひとつの奇跡だった。暗闇に閉ざされたぼくの生命に注がれた、たったひとつの希望だった。彼がいなくなったら、人生の全ての幸福を諦めなければならないような気がした。けれどもう彼は、本能という名の野生の荒野へと走り出してしまった。その先にぼくの肉体が横たわっているはずもなかった。もう彼がぼくの元へと戻ってくることはないだろう。

神様によって、ぼくの生命に彼という唯一の光はもたらされ、そして神様によって、たったひとつの光を奪い取られてしまった。それによって彼と出会うことがなかった場合の人生よりも、もっと巨大な絶望感と喪失感と虚無感が一気に生命に向かって注がれて、ぼくは息ができなくなり、自分が生きているのか死んでいるのかさえわからなくなった。きっともう、心は死んでいた。ただ肉体だけが生き残っていた。それならば最初から、希望の光なんて与えられない方がよかったのに。

自分は幸せになることはないんだと、悲しいくらいに覚悟した幼い背中を覚えている。もはや幸せになることを諦めて、それでも必死に前だけを見て進もうとする泣きかけの少年に向かって、神様は気安く希望の光を解き放ち、少年がもしかしたら自分でさえも幸せになってもいいのかもしれないと、少しだけ生きていく望みが芽生え始めた頃に、すぐさま希望の光を少年からことごとく奪い取り、少年は希望の光を見ることのなかった日々よりも、もっと深い孤独の人生を歩まなければならなくなった。

なぜ神様はすぐに奪うくせに、少年に希望の光を与えたのか。少年は自分が幸せになれないことを、悲しくても自分に必死に言い聞かせ、生命の底から自覚していた。幼い無邪気な少年の胸の中には本来ならば幸せな未来や、たくさんの夢や、抱えきれない希望が抱かれていたはずなのに、少年の心は絶望と孤独で全て満たされていた。それだけで少年の不幸は十分ではなかったのだろうか。それ以上にどうして、小さな胸にもっと濃厚な絶望と孤独を追加する必要があったのだろうか。それも希望の光という、一見幸福を運んでくれるかのように見える卑劣な罠を仕組んで。少年の心にいくつもの血を流させて、少年の心をことごとく滅ぼして、少年をこの世の者ではなくして、神様はそれで満足だったのだろうか。

なぜすぐに奪うくせに、少年に希望の光を与えたのだろう。

 

 

・水色の少年と神との戦争

水は高いところから低いところへ流れて、川を生み出す。
空気は重いところから軽いところへ流れて、風を生み出す。
精液は男から女へと流れて、子を生み出す。

それは神様が考えた、絶対的な自然の摂理だった。けれどそんなものに従っていては、ぼくは幸せになれなかった。せっかくこの世に生まれたからには、幸せになりたかった。自分だって生まれてきてよかったと言いたかった。自分は生きていてもいいんだと自分を抱きしめたかった。

だから神様に反逆した。鮭が冷たい川の流れの中を傷だらけになりながらも必死に遡上するように、ぼくは彼へとたどり着いて、そして彼に好きだと告げた。本来ならばそこで、ぼくは死ぬはずだった。せっかくたどり着いた境地においてさえ、彼から拒絶され、彼から否定され、彼から隔絶され、生まれてきた意味も知らないまま海の藻屑となるはずだった。

けれど彼はぼくを抱きしめてくれた。ぼくを愛していると呟いてくれた。ぼくにキスをしてぼくを受け入れてくれた。お互いを触り合って同じ肉体を確かめ合った。全ては起こるはずのない出来事だった。水が低いところから高いところへ逆流して、不思議な洪水を引き起こしたようだった。風が軽いところから重いところへと舞い上がり、荒れ狂う未曽有の嵐をもたらしたようだった。どう考えても女の肉体だけを愛するはずの彼が、ぼくの目を見つめて何度も好きだと告げてくれた。

それは超越であり、遡上であり、反逆だった。ぼくを不幸にするために、他人とは異なる性質をぼくへと植えつけた神への復讐だった。何を植え付けられようとも、幸せになろうと思った。どんな運命を仕組まれても、意思の思い通りにはならないと誓った。彼がぼくに好きだと告げた時、ぼくは憎むべき神を滅ぼし、そして勝ったと確信した。

 

 

・神様は水色の少年を殺した

けれど実際にはぼくは神の鱗のほんの一枚さえ、剥がれ落とすことができずにいたのかもしれない。一時的な幸福をもたらされた後で、少年の胸にかすかな希望が芽生え始めたところへ、この世の全ての絶望と孤独が一気に注ぎ込まれて、少年の心は息もできずに死亡した。

水色の少年はただ、生まれてきたのだから幸せになりたかった。この世に生まれてきたのだから、生まれてきてよかったと言いたかった。この世に生まれてきたのだから、生きていてよかったと感じたかった。この世に生まれてきたのだから、生きていてもいいんだよと自分を抱きしめてあげたかった。何ひとつ叶わないまま、神様は水色の少年を殺した。

少年は難しいことなんて望んでいなかった。少年はありえないことなんて願っていなかった。ただみんなと同じように生きて、みんなと同じように笑いたいだけだった。なぜ神様はすぐに奪うくせに、少年に希望の光を与えたのだろう。

 

 

・大学時代のぼくの2番目の恋について

大学時代、ぼくは片思いしているノンケの友達に膝枕されるのが好きだった

大学時代、片思いしているノンケの親友の幸せはぼくの地獄となることを知った

両思いに!大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

ノンケの親友と愛し合いながら、彼は同性愛と異性愛の狭間で不安定にもがき苦しんでいた

ノンケの彼とゲイのぼくは、どんなに好きだと抱きしめ合っても恋人同士にはなれなかった

ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた

言われるはずのない同性愛の人生の中で、ノンケの彼はゲイのぼくに「愛してる」と告げた

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

大学時代ノンケへの片思いを通して、ゲイのぼくは叶うはずがない運命の恋でさえ叶う瞬間があることを知った

ノンケの彼はぼくを好きだと抱きしめながらも、女の肉体を探し求め続けた

ノンケの彼には、ぼくとの同性愛的体験を受け入れる覚悟と誠実さがなかった

ノンケの彼との恋愛がつらく苦しすぎて、ぼくは通常の学生生活が営めなくなっていった

大学の留年を機に、ゲイのぼくとノンケの彼は少しずつ離れていった

ノンケの親友に失恋!ノンケの彼はゲイのぼくを裏切って彼女を作った

ノンケの彼と別れて、彼の部屋の明かりを見るだけでぼくの心は泣いていた

別れたくても別れられない…大好きなノンケの彼に呼ばれると、ぼくはすぐに彼の元へ舞い戻った

裏切られ続けたぼくは狂人となって、彼女と過ごすノンケの彼の部屋を訪ねることさえ恐れなかった

 

・ぼくの高校時代の初恋について

ぼくが同性愛者(ゲイ)だと気付いたきっかけは高校2年生の初恋だった

ゲイからノンケへの初恋は誰にも言えない分、純度の高い宝石となって残る

ゲイがノンケに告白したら2人の関係性はどうなるのか、実体験をもとに考察

ノンケに恋してつらかった高校時代、ぼくが心を癒す唯一の方法は「歩く」ことだった

成績学年トップだったぼくがノンケの同級生を好きになって大学受験に大失敗した話

ノンケへの初恋と片思いの終わり!好きな人と完全に離れればすぐに忘れられるというのは本当か?

 

・同性愛について

ぼくが同性愛者(ゲイ)としてブログを書こうと思った理由

思春期の同性愛者(ゲイ)が孤独を感じる7つの理由

同性愛者(ゲイ)から異性愛者(ノンケ)への片思いの恋がつらい5つの理由と、それでも人を愛することが素晴らしい理由

異性愛者(ノンケ)へ叶わない片思いをしている同性愛者(ゲイ)が聞きたい中島みゆきの隠れた名曲18選

どうせ叶わないからゲイがノンケに片思いしても時間の無駄だし価値がないというのは本当か?

好きな人に好きと言われない運命!ゲイのぼくは日常生活で普通の恋愛ができないことを悟った

ゲイがノンケに告白するのは迷惑だから告白すべきではないというのは本当か?

ノンケの親友を恋愛対象として好きになることは彼に対する裏切り行為になるというのは本当か?

ゲイとノンケの複雑な恋愛模様!映画「窮鼠はチーズの夢を見る」で心に残った9つのセリフを考察

父親のセリフが感動的!同性愛映画「君の名前でぼくを呼んで」が魅力的な7つの理由を考察

女っぽい男は異常じゃない!男の肉体には男の心だけが、女の肉体には女の心だけが宿るというのは本当か?

同性愛者の気持ちを歌える宇多田ヒカルはバイセクシャル?彼女のセクシャリティをtwitterや楽曲から推測してみた

少年に精液を植え付けられることがなかったら、ぼくたちは何を求め愛しただろうか

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ