差別や偏見や悪意!人間社会で生き辛い同性愛者が意識すべき物事の考え方5つ

 

同性愛者としてこの世に生まれつけば、人間の社会は生き辛い。

差別や偏見や悪意!人間社会で生き辛い同性愛者が意識すべき物事の考え方5つ

・差別や偏見や悪意に満ちた人間社会で生き辛い同性愛者が意識すべき物事の考え方を考察してみる
1、常識にとらわれない
2、正しさを信仰しない
・中島みゆき「幸せになりなさい」
3、他人の目を気にしない
4、他人と比較しない
・中島みゆき「アリア-Air-」
5、自分の感性だけを信仰する

・差別や偏見や悪意に満ちた人間社会で生き辛い同性愛者が意識すべき物事の考え方を考察してみる

最近は同性愛者も異性愛者と同じように堂々と自分らしく生きる権利が叫ばれているが、だからと言って同性愛者への理解が適切に深まり、偏見が消失し、同性愛者が人間社会で生きやすくなったとはとても言えないだろう。同性愛は「気持ち悪いもの」「見下されるべきもの」「避けるべきもの」「変態的なもの」だという雰囲気は未だに人間社会から決して消えてはおらず、同性愛者は生きているだけで自分を否定する雰囲気を全身に感じながら、否定のシャワーを浴びながら人間社会の中を歩んでいかなければならないことも全く珍しくはない。

油断をしていればどこからでもすぐに否定が飛んでくる可能性のある生活の日々の中で、同性愛者が健全な心を壊されず、人間の偏見や悪意から自分自身の心を大切に護りながら生きていくためには、異性愛者には思いもよらない細心の注意が必要である。はっきり言って何も考えずに異性愛者と同じようにただボーっと生きているだけでは、この人間社会の中で同性愛者はすぐに心を病み、精神を破壊され、たちどころに生きられなくなるだろう。同性愛者が偏見と悪意に満ちたこの憂世を渡っていくためには、無理にでも物事の考え方を捻じ曲げ、意識を改革させ、生き延びるのに適切な精神構造へと改造される必要がある。

同性愛者は一体どのような心構えで人の世を渡っていかなければならないのだろうか。ここではぼくが同性愛者として自らの精神を分析し、どのような意識改革によって悪意に満ちたこの世を生き延びてきたかを解説するが、ただの個人的な体験に基づく意見と主張であり、すべての人間に適応されるとは限らないことを最初に付け加えておこう。ではどうぞ。

 

 

1、常識にとらわれない

どのような綺麗事が世の中に溢れていようとも、「同性愛は気持ち悪い」「変態的」という感性は未だに根強く人間社会に残っている。多数派の異性愛者は、少数派の同性愛者を見下すことにより自らの心を安定させようとする卑劣な数の暴力を発動させがちである。さらに「社会の常識」というものは多数派によって作られるものであるから、「同性愛は気持ち悪い」「変態的」という異性愛者の意見はいわゆる「常識」として君臨し、人間社会の中で受け入れられている雰囲気を感じずに生きて来られた人は少ないだろう。

ぼくたち人間は「常識」という言葉に踊らされて生きがちである。「そんなこと常識だから」「常識的に考えろ」という決まり文句は社会の中にあふれ、思考停止していてもそれを「常識」だと言われれば何も考えない愚かな民衆はそれを信じ、はぐれ者にならないために常識を守ろうと努力する傾向がある。

しかしぼくたち同性愛者は常識を信仰してはならない。社会の常識を受け入れてしまえば「同性愛は気持ち悪い」「変態的」という常識さえ自らの中に受け入れなければならないこととなり、自分で自分を否定することへと繋がりかねない。常識なんて多数派による数の暴力や押しつけなのだと、常識の馬鹿馬鹿しさや脆さや怪しさを他でもない少数派のぼくたちが誰よりも知っているはずだ。ぼくたちは自分の心をしっかりと護ってやるために、常識を絶対に信仰してはならない。

他人の言っていることが正しいのだろう、みんなが言っているからそれが常識なのだろうという愚かな思考停止の態度では、同性愛者として自分の心を大切に護ってやりながらこの世を生き延びることはできない。常識を疑い、0から考え直し、常識を打ち砕いていくという能力は、同性愛者が運命として授けられたギフトだ。多数派のほとんどがボケーっと生きながら常識を顧みることもなく常識に支配されながら部品となって生きていく中で、同性愛者は常識を自らの中で破壊し、自らの感性と絡め合わせて、新しい自分の中の正しさや常識を創造するという尊い行為を許されている。

常識や正しさや多数に守られることができないぼくたちは、むしろそれらを退き傷だらけの歩みを進めよう

 

2、正しさを信仰しない

上の文章の「常識」は、世の中にある「正しさ」とも言い換えることができる。結局は「正しさ」さえ、多数派が自分たちに都合のいいように作り上げた幻想に過ぎない。真実の正しさなんて、この世にありはしないのだ。同性愛者はこの世の全ての「正しさ」をいちいち疑い、思考し、それって本当に正しいのか、本当は間違っているくせに人間たちが正しいと思い込み洗脳されていないかをチェックする必要がある。そしてその正しさが間違っていると思考して気づいたならば、人間たちの言う正しさなど思いっきり無視して、自らの思考の結論に身を委ねながら生きていくべきだ。

この世には「正しさ」の陰に隠れながら他人を攻撃する卑怯者が多すぎる。しかし彼らの隠れている正しさの中に、絶対的な正しさなどひとつもないということを、盲目な彼らはいつ気づくことができるのだろうか。

 

・中島みゆき「幸せになりなさい」

心ない言葉で傷ついた夏の日
あれから自分を憎んできたのね
優しすぎるジャスミン 悲しい妹
あの正しさは間違っていたのに

 

3、他人の目を気にしない

日本人は特に自らの行動を他人にどう思われるかどうかで判断する傾向がある。それは「空気を読む」と言う言葉や「同調圧力」としても表現され、自らの行動を他人の思いや裁きに委ねてしまいがちとなる。しかし他人のことなんて気にしていては、同性愛者として健全な心でこの世を渡ることなどできない。他人たちが「男が男を愛することは変態だ」と裁く者たちの多い中で、彼らの意見を尊重し、他人の目を気にして、自分が人を愛するということをやめるべきだろうか。そんなことがあるはずがない。人が人を愛するということは、誰から誰に対するものであろうと否定されるべきではない素晴らしい行為だ。それを「変態だ」と非難する方が間違っているのは明白だし、他人の考え方なんて間違いだらけだと同性愛者として生きていれば気づかされることも多いだろう。

間違いだらけの他人の目なんて、どうして気にする必要などあるだろうか。自分の行動が他人の目に気に入らないと映ったとしても、どうせ人間の考え方なんて(もちろん自分自身を含めて)間違いだらけなのだから、合ってるか間違っているか真実がどうかも全くわからない他人の目なんて気にする価値もないと潔く退けるべきである。他人の目や、読むための空気や、同調圧力から解放された時、人は初めて自分のために行動を起こすことができる。本来は行動というのは、自分の心のために起こすものだ。他人の目を気にして、本当か嘘かわからない他人の裁きなどを案じて、自らのために行動を起こすことが妨げられるなんてあってはならない愚行である。

 

4、他人と比較しない

多数派の異性愛者の人生は、まるで線路の上を安全に走っていくかのように順調に進んでいく。出会い、恋愛し、結婚し、生殖し、子供が誕生するというありふれた幸せを、異性愛者は簡単に手に入れられる確率が同性愛者より格段に高いに違いない。そして同性愛者の自分にはあのような当たり前の幸せは訪れないのだ、自分はどうやって生きていけばいいのか見本になる人生も周りにないし、将来に不安しかないこんな人生なんて不幸だと、他人と自分を比較しては自分の人生を悲観してしまうこともあるだろう。

しかし重要なことは、他人と比較して生み出された幸福(相対的幸福)など本当の意味で自分に幸せをもたらしてはくれないということだ。例えば自分はあの男よりもイケメンだから自分は幸せなんだと言い聞かせてみても、すぐ近くにはもっととんでもないイケメンがいて、彼と比較すれば自分なんてブサメンだと落ち込んでしまうこともあるだろう。同じように自分はあの人よりも年収が上だから幸せなのだと思っても、世の中を見渡せば自分よりたくさんお金を稼いでいる人なんてごまんといるのだから、十分豊かな暮らしをしているのもかかわらず自分は貧しい人間なのだと落ち込んだりもする。このように人間は浅はかにも他人と比較することで自分が上であることを確認し、その優越感によって相対的な幸福を得ようとするが、そのような比較によって生み出された幸福はすぐに崩れ去ってしまう、自分自身を本当の意味で支えてくれる幸福にはなり得ない。

本当に重要なことは「絶対的な幸福」を胸の中に抱き続けることだ。絶対的幸福は、他人と比べる相対的幸福と違ってすぐに消え去ったり脆く崩れ去ったりしない、まるで永遠に輝き続けるダイヤモンドのように頼りになる存在だ。絶対的幸福を得るためには、他人など必要としない。他人など気にせず、世の中などふり向きもせず、ただただ自分自身だけを見つめ、自分自身を根源的に愛した時にこそ絶対的幸福は発動する。

自分が自分を愛する時に、比較など必要だろうか。人間は誰もが心の最も奥底で自分を愛している。しかし自分が自分を愛することは、自分が他人を愛することとは全く異なる。他人を愛する時にはいつだって、あの人の方が背が高いからだとか、あの人の方が格好いいからとか、あの人の方が年収がいいからとか、無意識のうちに様々な比較をした結果としてその人を選択することになるだろう。しかし自分が自分を愛するのは、自分と他人を比較して自分の方が優れていたからではない。自分と他人なんて比べようがないのだ。他人など、自分と比べるほど価値があるわけがない。自分は他人と比べるまでもなく、比較や相対という次元を超えた絶対的な感性で、ただただ無条件に自分自身を愛するのが人間の自己愛だ。

そしてまさにそのようにして絶対的な自分自身の愛に気がつくとき、人はその自己愛を確固たる根とした、他人と決して比較することのない、自分だけの絶対的な幸福の在処に気づくだろう。

 

 

・中島みゆき「アリア-Air-」

止まぬ雨のように考え続けよう
あなたのことだけを考え続けよう
世の中のことなどふり向きもせず

 

5、自分の感性だけを信仰する

他人など気にせず、世の中などふり向きもせず、ただ絶対的に自分だけを見つめて生きていくべきだという思想は、自然と自分の感性だけを信仰しようという感性へと導かれる。人間は様々なものを信仰して生きている。神や仏を信仰する者もあれば、常識や正しさや多数派を信仰することもしばしばである。しかし同性愛者として生まれ育ったならば、多数派の者たちが必死に信仰している常識や、正しさや、多数派の意見がいかに怪しさと欺瞞に満ち溢れているかをすぐに見抜くことができるだろう。結局のところ、常識も、正しさも、多数派も、ただ民衆を大人しく従順にさせ、個人の幸福を追求するよりも人間社会の利益を優先させるようにマインドコントロールし、都合よく支配するための道具に過ぎない。しかしそのような抗い難く気づきにくい支配から、少数派の人々の精神はいとも簡単に抜け出すことができる。

ぼくたちは人間社会や集団の利益のために、自分自身の幸福を犠牲にするという罠から解放される。それは同性愛者として偏見や悪意に染まる人間社会を生き抜いてきたことによって、人間社会の常識や正しさをまず0から疑うべきだという習性が身についたからに他ならない。ぼくたちは人間社会全体の利益という抜け出し難い怪しい渦に巻き込まれることなく、ただ自らの感性だけを信じて、自分の幸福をひたすらに追求されることを許されている。誰もが人間社会全体の利益を得るための部品となり、魂と生きる日々を知らず知らずのうちにことごとく吸収され削られている様子を無視して、ぼくたちは自らの魂の救済だけを祈って直感の赴くままに旅立てる人生を祝おう。

同性愛者として生まれた水色の少年は、この人生で幸せにはなれないのだと悲しい覚悟をした

ぼくたちはいつも否定された。そして人を愛するという最も尊い人生の瞬間において、最も濃厚な否定と悪意は注がれた。ぼくたちは人を愛することで傷ついた。ぼくたちは人を愛することで打ちのめされた。ぼくたちは人を愛することで魂を踏みにじられた。人間社会に渦巻く偏見と悪意のせいで、ぼくたちは心を健全に育て上げることができなかった。ぼくたちは自らの精神を改造し、この世で生きられる形に適応させなければ死んでしまいそうだった。ぼくたちの心は皮肉に満ち、無残にもことごとくねじ曲がった。けれど覚えておこう。その代わりにぼくたちには、他の誰もが抜け出せるはずのないまやかしの渦からいとも容易く飛翔し、ただ自らの純粋な幸福のために飛び立てる翼がもたらされたということを、その珍しい恵みを覚えておこう。

 

 

・同性愛について

ぼくが同性愛者(ゲイ)としてブログを書こうと思った理由

思春期の同性愛者(ゲイ)が孤独を感じる7つの理由

同性愛者(ゲイ)から異性愛者(ノンケ)への片思いの恋がつらい5つの理由と、それでも人を愛することが素晴らしい理由

異性愛者(ノンケ)へ叶わない片思いをしている同性愛者(ゲイ)が聞きたい中島みゆきの隠れた名曲18選

どうせ叶わないからゲイがノンケに片思いしても時間の無駄だし価値がないというのは本当か?

好きな人に好きと言われない運命!ゲイのぼくは日常生活で普通の恋愛ができないことを悟った

ゲイがノンケに恋をすることは、人がどうせ死ぬのに生きることと似ている

ゲイがノンケに告白するのは迷惑だから告白すべきではないというのは本当か?

ノンケの親友を恋愛対象として好きになることは彼に対する裏切り行為になるというのは本当か?

ゲイからノンケへ告白!男同士で告白する際の3つの危険性と、その危険を乗り越える意味

男から男へ告白する方法を経験から徹底解説!告白の注意点と、自分も相手も傷つけずにかろうじて穏便に成功させる方法

ゲイとノンケの複雑な恋愛模様!映画「窮鼠はチーズの夢を見る」で心に残った9つのセリフを考察

父親のセリフが感動的!同性愛映画「君の名前でぼくを呼んで」が魅力的な7つの理由を考察

ゲイがノンケに片思いする映画!浜崎あゆみは「渚のシンドバッド」の女優時代からLGBTの味方だった

女っぽい男は異常じゃない!男の肉体には男の心だけが、女の肉体には女の心だけが宿るというのは本当か?

同性愛者は異常じゃない!男が男を好きになることは、異常で気持ち悪くて変態的だというのは本当か?

ソウルメイトが同性だった場合は?魂同士が同性を求め合ったとき、肉体的な性という現象が尊い縁を撹乱する

ノンケは絶対に男を好きにならない?「自分は同性愛者だ」「異性愛者だ」というのは脆弱な帰納法的公式に過ぎない

ノンケは男の体に興味を持ったり発情しないというのは本当か?

あまりに同性愛的な関係性?!エヴァ幻の24話ではシンジがカヲルに告白し、裸体で海を泳ぎ、キスまでしていた

男は男を好きにならないよ!渚カヲルはなぜ男である碇シンジを好きになったのか

友情というより同性愛的?!しんのすけと風間君はディープキスするほど仲良しだった

森栄喜さん写真集tokyo boy aloneは透明感あふれる東京の街並みと男性ヌードが織りなす名作

少年に精液を植え付けられることがなかったら、ぼくたちは何を求め愛しただろうか

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ