大学時代ノンケへの片思いを通して、ゲイのぼくは叶うはずがない運命の恋でさえ叶う瞬間があることを知った

 

神に戦争を仕掛けて、ぼくは負けて、そして魂は死んだ。

大学時代ノンケへの片思いを通して、ゲイのぼくは叶うはずがない運命の恋でさえ叶う瞬間があることを知った

・高校時代の初恋を通して、ぼくは普通の恋愛ができない運命を悟った
・大学時代の片思いは、高校時代の片思いとは違っていた
・好きだと言われるはずもないノンケの親友から好きだと告げられた
・ノンケの親友とぼくは会うたびにキスをした
・ノンケの親友とぼくはお互いに秘密の果実を触り合った
・神様に戦争を仕掛け、ぼくは死んだ

・高校時代の初恋を通して、ぼくは普通の恋愛ができない運命を悟った

高校時代、ぼくは同級生の男の子に恋をした。彼はノンケで、ぼくの初恋は叶わない片思いだった。高校時代の初恋を通して、ぼくは自分が日常生活で普通の恋愛は一生できないのだろうと感じざるを得なかった。日常生活の中でこの先誰か別の男の子を好きになったとしても、彼は普通に女の子の肉体を求めるノンケである可能性がかなり高かった。日常生活の普通の男女の恋愛だって絶対に叶うと決まっているわけではないのに、その上自分のことを好きになってくれる可能性がかなり低い男の子を好きになったところで、結ばれる可能性は0に等しかった。

日常生活の中で普通に出会って、好きになって、告白して、両思いになって、それから恋愛をしていくという、世間一般に思い描かれるただただ普通の恋の風景は、ぼくには一生もたらされることはないのだと知った。ぼくはただ普通の恋愛をして、好きな人と結ばれて幸せになりたい!と願っていただけだったのに、「普通」なんてぼくにとっては贅沢だと、神様は「普通」をぼくに用意してはくれなかった。それが悲しいということはなかったが、それでもどうしたらいいのかわからないという不安と孤独がぼくを支配していた。みんなと同じように「普通」には生きられないのに、どうやって浮世を渡ればいいのだろう。

 

 

・大学時代の片思いは、高校時代の片思いとは違っていた

どうしたらいいのかわからないままで、ぼくは大学生になった。高校時代には隠れてひとりで毎日泣いて、もう二度と誰も好きになりたくないと感じていたのに、大学生になってもまた同じ学部学科の同級生のノンケの男の子を好きになってしまった。また高校時代と同じ絶対に叶わない片思いの苦しみが訪れるのかと思うと絶望したが、大学時代の片思いは、高校時代の片思いとはまるで違っていた。

 

・好きだと言われるはずもないノンケの親友から好きだと告げられた

高校時代、ぼくは片思いしている相手に好きな気持ちが我慢できなくて2回告白してみたが、なんとなく曖昧なままで流されただけだった。

「好き」という言葉を肯定されも否定されもせずに、その言葉をちゃんと受け取ったよとも言われずに、ただそのままの関係が続いていった。ぼくの「好き」という言葉は、まるでこの世になかったかのようだった。勇気を持って好きな思いをちゃんと解き放っても、彼はそんな思いはこの世にない方がいいのだと、向き合って話題にすることさえなかった。それはぼくたちの関係がこのままで壊れないようにするために彼なりの配慮や優しさか、もしくはどういたらいいのかわからない戸惑いだったのかもしれないが、ぼくの中では今やぼくの全てを支配しているこの好きな思いをなかったかのようにふるまわれたことが、少しさみしかった。

ゲイがノンケに告白したら2人の関係性はどうなるのか、実体験をもとに考察

大学時代に好きになったノンケの男の子に、同じように好きな気持ちが我慢できなくなって告白すると、なんと彼もぼくに「好きだ」と告げてくれるようになった。これはぼくにとっては思いがけない出来事だった。高校時代の片思いの経験から、日常生活の中で好きになった人に好きになってもらって両思いになるという「普通の恋愛」はもはやぼくの人生にもたらされることはないのだと、当然そんなのは叶わない夢なんだと諦めていたのに、神様は気まぐれにぼくの願いを叶えてくれた。それはただみんなと同じような「普通の恋愛がしたい」という、ぼくにとっては絶対に叶わない切なる絶望的な願いだった。絶対に叶うはずのない願いが、奇跡のように叶ってしまう瞬間があるということを、ぼくは大学時代に学んだ。

両思いに!大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

心から好きだと感じている人にこの人生で好きだと言ってもらえるなんて、思いもよらなかったし信じられなかった。他の「普通」の人にとってはそんなありふれた「普通」の出来事さえ、ぼくにとっては夢かと間違えてしまうくらいの輝かしい奇跡だった。どこにでもあるものが、誰にでも与えらるものが、ぼくにとっては尊い宝物だった。それからというものぼくたちは彼の部屋で会うたびに、照れながら「好きだよ」と見つめあって、膝枕をしながら髪を撫でて甘えて、そしてお互いに強く抱きしめ合った。ノンケに彼となぜこんなことが起きているのか、全くわからなかったけれど心のどこかで必然であるとも感じられた。

 

・ノンケの親友とぼくは会うたびにキスをした

叶うはずのない願いは、まだ叶えられ続けた。ぼくが好きな気持ちが抑えられずに彼の首に気づかれないようにキスをすると、それから彼もぼくの頰にキスしてくれるようになった。それからは2人で会うたびに、キスするのが習慣になった。男と男がキスしていることは、部屋の中の2人だけの秘密だった。ぼくたちはもはや確実に、ただの親友ではなかった。親友という名を通り抜けて、性別という障壁を超越して、ただ魂同士で呼び合っていた。ぼくが彼の部屋から帰るときには、玄関のところで強く抱きしめ合ってキスして別れるのが2人の習慣になった。また今度会える時を忘れないように、ぼくたちはお互いを慈しんで別れた。

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

 

・ノンケの親友とぼくはお互いに秘密の果実を触り合った

ぼくたちの心が近づくにつれて、彼はぼくの果実を触って遊ぶようになった。大好きな彼に触られるとぼくはすぐに反応して、彼を喜ばせた。彼はぼくに果実の名前を呼ばせたり、ぼくの果実はどうなっているかを好んでぼくに言わせた。ぼくも真似して彼の果実を触って、ぼくのと同じように熱く脈打っているのを確かめて幸福を感じた。若い肉体に本能の根源から押し寄せるとてつもない衝動は、結局はここに帰着することをぼくたちは自らの肉体と行為によって感じ取っていた。それは誰から教えられるわけでもない、ただただ不思議な行為と幸福だった。

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

女の肉体を貪るはずのノンケの彼が、ぼくの肉体を遊んで興奮と快楽を共有していることもまた、ぼくにとっては大きな奇跡だった。ぼくも彼も、まだ誰にも自らの果実を触らせたことがなかった。ぼくは彼の初めての特別な快楽を支配し、彼もぼくにとって起こるはずのない初めての奇跡を引き起こした。誰にでも訪れるありふれた野生的な快楽の現象は、ぼくにとっては叶わないはずの尊い風景だった。

 

 

・神様に戦争を仕掛け、ぼくは死んだ

大学時代に片思いしていた彼は、ぼくに絶対に叶わないはずの願いも奇跡のように叶う瞬間が人生にいくらでもあるということを教えてくれた。正常な思考回路では叶わないと断言できてしまう願いも、夢も、思いも、ただただ燃え盛るように自らの根源の清らかな声に従っていれば、思いがけないところで扉が開いてしまうことを実感した。

自分の人生は悲しみに満たされていると思い込むことは簡単かもしれない。覚悟することによって未来で傷付く自分をなるべく保護することができるからだ。普通に考えて絶対に叶わない運命、どうしようもない定めから逃れられると思える人は少ないに違いない。けれどそこで諦めて、決まり切った運命に打ちひしがれながら生きることはあまりにも悲しい。ぼくたちは凍え切った清流を遡る野生のサケたちのように、悲しい運命の川を遡上し、神様が定めた流れに反逆してもいいのではないだろうか。大人しく流されるのはできる限りの運命への反抗をやり尽くして、魂がことごとく滅ぼされてからでいいはずだ。

ぼくに奇跡がもたらされたのは、運命も定めも他人の目も神の意思さえも無視して、ぼくの根源から訪れる直感の指し示すままに燃え盛るように生き抜いた結果ではないかと感じた。運命に背き、定めを破壊し、神の意思に抗うことで、ぼくは奇跡を掴み取ろうともがいていた。どうせ幸福になれないというのなら、普通の幸福なんてもたらされないというのなら、生きていないのも同じこの生命全体でぼくを苦しめる運命を打ち砕き、死んでもいいから生きる喜びを味わいたかった。

彼に好きと言われたことで、彼にキスされたことで、彼と果実を触り合ったことで、ぼくは神に戦争を挑み、そしてその意思を打ち砕くことができたのだと信じていた。けれど大いなる意思に、神様に勝てる人はこの世にいない。運命に逆らったことで、定めに反抗したことで、神の意思を踏みにじったことで、ぼくは奇跡が起きなかったよりももっと、魂を引き裂かれるほどの痛みを味わうことになった。

同性愛者として生まれた水色の少年は、この人生で幸せにはなれないのだと悲しい覚悟をした

神に戦争を仕掛けて、ぼくは負けて、そして魂は死んだ。ただそれだけのことだった。当たり前のことだった。誰にも知られることのない、歴史に残ることもない、あまりにも小さくて惨めな戦争だった。けれどぼくの生命にとっては、何ものにも代え難い尊い死だった。誰がぼくの死を知ることはなくても、彼でさえぼくのことを嘲笑っても、ぼくはあの戦争をかけがえのない宝だと思おう。

 

 

・大学時代の2番目の恋について

大学時代、ぼくは片思いしているノンケの友達に膝枕されるのが好きだった

大学時代、片思いしているノンケの親友の幸せはぼくの地獄となることを知った

両思いに!大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

ノンケの親友と愛し合いながら、彼は同性愛と異性愛の狭間で不安定にもがき苦しんでいた

ノンケの彼とゲイのぼくは、どんなに好きだと抱きしめ合っても恋人同士にはなれなかった

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

 

・ぼくの高校時代の初恋について

ぼくが同性愛者(ゲイ)だと気付いたきっかけは高校2年生の初恋だった

ゲイからノンケへの初恋は誰にも言えない分、純度の高い宝石となって残る

ゲイがノンケに告白したら2人の関係性はどうなるのか、実体験をもとに考察

ノンケに恋してつらかった高校時代、ぼくが心を癒す唯一の方法は「歩く」ことだった

成績学年トップだったぼくがノンケの同級生を好きになって大学受験に大失敗した話

ノンケへの初恋と片思いの終わり!好きな人と完全に離れればすぐに忘れられるというのは本当か?

 

・同性愛について

ぼくが同性愛者(ゲイ)としてブログを書こうと思った理由

思春期の同性愛者(ゲイ)が孤独を感じる7つの理由

同性愛者(ゲイ)から異性愛者(ノンケ)への片思いの恋がつらい5つの理由と、それでも人を愛することが素晴らしい理由

異性愛者(ノンケ)へ叶わない片思いをしている同性愛者(ゲイ)が聞きたい中島みゆきの隠れた名曲18選

どうせ叶わないからゲイがノンケに片思いしても時間の無駄だし価値がないというのは本当か?

好きな人に好きと言われない運命!ゲイのぼくは日常生活で普通の恋愛ができないことを悟った

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

2 件のコメント

  •  今回の一連のブログを、他の誰よりもよく知り、共感できる者の1人として、コメントさせていただきます。
    もうかれこれ10年近く前のお話になるでしょうか?ちょうどあなたがブログを始めた初期の頃に、僕はこの果てしない愛の物語に、どっぷりとはまってしまい、まるでアラビアンナイトのように毎晩毎晩、寄っては離れ、遠のいては近づいていく、あなたと彼との逢瀬に一喜一憂していたものでした。その時に描かれた、あなたの心の揺らめきが、痛いほどに刺さって来て、ノンケ男子に恋する心理を、その若さでみごとに表現してると感服させられたものでした。
     自分も本格的に開花したのが大学時代だったこと、寮で同室の子が医学部生で秘かにあこがれていたこと等もあり、ただならぬシンパシーを感じていたのだと思います。
     今回、その当時を彷彿させる「復刻版」が読めたのが、なつかしいし嬉しかったです。あなたと同様、その記録は、あなたの財産であると同時に、僕にとっても宝でした。ありがとうございました。
     最後に一つだけ言わせてくださいね。当時、僕は見ず知らずであったあなたに「恋」に似た感情を抱いていました。それもまた「叶うことのない恋」ではありましたが、文章だけで人を好きになったのは初めてのことでした。今ももちろん、あなたが好きです。ただ、年月を経て「恋」というよりは「推し」に近い「好き」に代わりましたけど。これからも、あなたを好きでい続けようと思います。

    • 理星人さん!突然の告白にびっくりしています!笑 ありがとうございます!

      10年近く前って本当ですか?!そんなに長いお付き合いなんですね!出会ったことも喋ったこともないのに、ブログだけで10年近くってものすごいことのように感じます。きっと不思議な力で繋がれているのですね。世界中をさまよい、浮世を離れ、透明な存在となり、同性愛なんて自分の中で取るに足らない一部だと感じてしまっていた時期は、詩ばっかり書いてつまらなかった時期もあったかもしれません。けれどコロナで異国へ出られなくなり、日本中をさまようことで、自らの根源となる文化と人々に触れ、ぼくは大地に根ざして生きる感覚を取り戻したような気がします。ぼくは再び透明ではなく、土着の者となり、民族となり、生々しくなり、その結果省みずにいた最も濃厚な同性愛体験ともう一度向き合わなければならないと覚悟したのかもしれません。本当は過去に置き去りにしてきたかったものと、本当はふり向きたくなったものと、今まさに対峙しています。

      散りばめられた過去の痕跡には、自分自身ですら忘れてしまっていた思い出がたくさんありました。その欠片を拾い集めて、もう一度よみがえらせることでまた新しい自分を発見できることは尊い経験です。必死に恋していた時にはわからなかったことや、ぞんざいに書き殴っていた時には気づかなかったことが、時を超えてぼくに語りかける秘密もあります。人はいくらでも、過去から教えられるのですね。先日も2人が果実を触り合っていた過去の日々の意味を、自分で書いていて自分で初めて知ることができました。同じ肉体を持つ者同士が触れ合うことでしか成し得ない不思議で尊い経験を、もたらされていたことに今頃になって気がつきました。もしかしたらまた10年後、20年後に新しいことを教えてくれる恋だったのかもしれません。

      これからも残された過去の日々と向き合い、続きの物語を綴り始めようと思います。どうぞおつきあいくださいませ。同性愛は取るに足らない一部ではなく、なくてはならないぼくの一部であり、同性愛を表現することでしか生まれない創造がいくらでもあるのだということを、最近は噛み締めながら生きています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です