ぼくを裏切って終わりなき悲しみを注ぎ込んだのに、ノンケの彼は自分の方が孤独だと言ってうなだれた

 

ぼくを裏切って終わりなき悲しみを注ぎ込んだのに、ノンケの彼は自分の方が孤独だと言ってうなだれた

・10人に1人
・俺の方がひとり
・ふたりのせい
・ぼくを裏切って終わりなき悲しみを注ぎ込んだのに、ノンケの彼は自分の方が孤独だとうなだれた

・10人に1人

「ぼく、ひとりぽっちやねんけど ひとりぽっちで生きてる意味あるんかな」

『ひとりじゃないやろ 10人に1人はそうらしいで』

「10人に1人はそうらしいでって 自分は違うみたいに言うんやな ふたりで好きって言い合ったんやから Sもそうやねんで 自分は違うみたいな顔しないで ふたりで 好きって言い合ったんやから」

 

 

・俺の方がひとり

「普通さぁ 例えば今みたいにずっと好きって言い合ってた人に裏切られたとしたら 友達とかに相談できるやん? そんで、そういう話って誰かに聞いてもらうだけでも ちょっとはすっきりするやん? でもぼくは誰にも言えないやん? Sとのことは普通じゃないから ひとりで悩むしかないやん? ひとりで泣くしかないやん? ぼく ひとりぽっちやねんけど」

『はは』

「何?」

『俺の方がひとりやし』

自分の方がひとりぽっちだと、彼は本当に泣きそうな顔になった。どうしてあなたが泣くの。泣いていいのはぼくだけなのに。あなたに泣かせたくない。裏切ったくせに、嘘ついたくせに、傷つけたくせに、泣くなんて許さない。それなのにぼくは知らぬ間に、彼を抱きしめていた。

 

・ふたりのせい

「なんでこんなことになったんやろ」

『分からん』

「なんでやろ」

『分からん』

「こっちのせいなん?」

『分からん』

「こんなんになったのはふたりのせいやで

ふたりで好きって言い合ったんやから」

『うん』

彼の部屋から帰るとき、玄関での会話。いつもなら帰るとき、強く抱きしめ合って、キスをしてからさよならするのに、彼はもう、ぼくの方を見ていない。

 

 

・ぼくを裏切って終わりなき悲しみを注ぎ込んだのに、ノンケの彼は自分の方が孤独だとうなだれた

人がどれだけ孤独かなんて、本人にしかわからないんだね。ぼくにはぼくの孤独があって、あなたにはあなたの孤独があった。ぼくを裏切ってあなただけが、幸せになることを約束されているかのように見えていたけれど、ぼくはあなたじゃないから、あなたの孤独の冷たさを計り知れなかった。そしてあなたもぼくの生命に降り注ぐ、終わりなき悲しみの音色をきっと知らない。

ぼくたちは強く抱きしめ合って、キスをして、好きだと何度も呼び合ったけれど、ぼくたちはお互いの孤独を、何ひとつ知らずにいたのだろうか。わかりあえるように向き合っただろうか。人間と人間が完全にわかり合うことなんて、決してできない。それでもわかり合いたいと願う人に、人生で出会えるならばそれは幸福だ。

わかり合える人なんて、一生にひとりでいい。たくさんの人に心を開けば開くほど、本当の自分が穢されてしまうから。ぼくはこの一生で、あなたにだけ本当のぼくを見せた。そしてあなたがぼくにだけ、見せた弱さの尊さを知っている。

 

 

・大学時代のぼくの2番目の恋について

大学時代、ぼくは片思いしているノンケの友達に膝枕されるのが好きだった

大学時代、片思いしているノンケの親友の幸せはぼくの地獄となることを知った

両思いに!大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

ノンケの親友と愛し合いながら、彼は同性愛と異性愛の狭間で不安定にもがき苦しんでいた

ノンケの彼とゲイのぼくは、どんなに好きだと抱きしめ合っても恋人同士にはなれなかった

ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた

言われるはずのない同性愛の人生の中で、ノンケの彼はゲイのぼくに「愛してる」と告げた

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

大学時代ノンケへの片思いを通して、ゲイのぼくは叶うはずがない運命の恋でさえ叶う瞬間があることを知った

ノンケの彼はぼくを好きだと抱きしめながらも、女の肉体を探し求め続けた

ノンケの彼には、ぼくとの同性愛的体験を受け入れる覚悟と誠実さがなかった

ノンケの彼との恋愛がつらく苦しすぎて、ぼくは通常の学生生活が営めなくなっていった

大学の留年を機に、ゲイのぼくとノンケの彼は少しずつ離れていった

ノンケの親友に失恋!ノンケの彼はゲイのぼくを裏切って彼女を作った

ノンケの彼と別れて、彼の部屋の明かりを見るだけでぼくの心は泣いていた

別れたくても別れられない…大好きなノンケの彼に呼ばれると、ぼくはすぐに彼の元へ舞い戻った

裏切られ続けたぼくは狂人となって、彼女と過ごすノンケの彼の部屋を訪ねることさえ恐れなかった

同性愛者として生まれた水色の少年は、この人生で幸せにはなれないのだと悲しい覚悟をした

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ