ノンケの彼はぼくを好きだと抱きしめながらも、女の肉体を探し求め続けた

 

ぼくのことを好きだと言いながら、彼は女の肉体を探し求め続けた。

ノンケの彼はぼくを好きだと抱きしめながらも、女の肉体を探し求め続けた

・大学時代、ぼくは大好きなノンケの親友と恋人同士のような関係になった
・彼がノンケ(女を好きな男)であることは明白だった
・ノンケの彼はぼくを好きだと抱きしめながらも、女の肉体を探し求め続けた
・女の子を求め続ける彼から離れようとしても、大好きだから離れられなかった
・初めてのクリスマスも喧嘩して、また仲直りした
・ぼくを好きだと抱きしめるなら、女の肉体を求めることをやめてほしかった

・大学時代、ぼくは大好きなノンケの親友と恋人同士のような関係になった

大学時代、ぼくは同級生のノンケの男の子を好きになった。ぼくが好きな思いを我慢できずに告白すると、それ以来彼もぼくのことを「好き」だと言って抱きしめてくれるようになった。会うたびに好きだと強く抱きしめ合って、キスして、お互いの秘密の果実を触り合った。ぼくたちはお互いの部屋の合鍵を交換して、時間があれば逢瀬を重ねた。もはやぼくたちが、ただの友達や親友と呼ぶことができないことは、誰から見ても明らかだった。誰から見ても明らかだけれど、ぼくたちの秘密は、ただ2人だけのものだった。

大学時代、大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた

 

・彼がノンケ(女を好きな男)であることは明白だった

彼がノンケ(女を好きになる男)だというのは明らかな事実だった。彼の部屋に隠して置いてあるエッチなDVDはすべて普通の男性用だったし、彼の携帯電話を覗いてみても、盛んな童貞大学生男子らしく女性の裸の画像や女性のエッチな動画で埋め尽くされていた。彼を取り巻くメディアの中には、男を好きになると予感させるものは何ひとつなかった。だからぼくは彼と両思いになることを諦め、親友として膝枕されたり髪を撫でられてたりして戯れていられればそれでいいと思ったりしていた。

けれど不思議なことに、ぼくと彼はどちらからともなく次第に心と体が近づき、気づけば恋人同士のような関係になっていた。それは本来「不思議なことに」などと書けないほどに、2人にとっては論理を超えた必然的な導きのように感じられた。彼は本当は女の肉体を愛するはずなのにと疑うことが浅はかに感じられるくらいに、ぼくたちは恐れながらも自然と求め合った。彼の手がぼくの果実を弄ぶとき、彼の果実もまた触れる前から固く膨張して鼓動していた。ぼくにはそれがとても不思議だったと同時にとても自然で、そして神聖な熱さだと感じた。

 

 

・ノンケの彼はぼくを好きだと抱きしめながらも、女の肉体を探し求め続けた

けれど女の肉体を抱くために生まれて来た男性の本能を、ぼくというひとつの例外だけで封じ込めるのは難しい。彼はぼくと恋人のような関係を続けながらも、それでもなお女の肉体を探し求める努力をこれまで通りにやめなかった。早く童貞を卒業したい、女の肉体を抱いてみたい、女の体内に液体を注ぎ込んでみたいという、あまりにも純粋で強烈な少年的本能は、彼を支配して彼の肉体を突き進ませた。

ぼくと彼が抱きしめ合った後でさえ、彼は平然と女の子と遊ぶ約束があることや、女の子を紹介してもらったことを嬉しそうにぼくに話して聞かせた。彼はその話でぼくが傷つくことを知っていた。ぼくは深く傷ついても彼の前で悲しい顔ができなくて、部屋に帰ってからひとりで泣いた。

普通なら、好きだと抱きしめ合って、キスして、触り合って、信頼の中で合鍵も交換しているというのなら、恋人として他の誰かの肉体を求めることをやめてほしいと願うことができただろう。だけどぼくたちは普通じゃなかった。ぼくたちは男と男だった。男と男が恋人同士のように愛し合っているからと言って、ノンケの彼に女の子の肉体を求めないでほしいと願えるのかどうか、ぼくにはわからなかった。ただ自分の心のことだけはわかる。ぼくは彼から女の子の話をされるたびに、自分の心が深くえぐられるように傷ついていることを自覚して、ひとりで泣いた。

 

・女の子を求め続ける彼から離れようとしても、大好きだから離れられなかった

彼が女の子の話をするたびに、嫉妬深いぼくは不機嫌になってよく喧嘩になった。そしてこんな苦しい引き裂かれるような思いをするのなら彼とはもう離れてしまおうと決意するけれど、どんなに離れようと努力しても、大好きな人からなかなか離れられるはずがなかった。忘れようと思っても、同じ学部学科の同級生だから必ず会うことになってしまう。ぼくから連絡しないように頑張ってみても、大好きな彼から誘われると嬉しくてすぐに彼の部屋へ飛んで行き、彼の腕の中で抱きしめられてしまうのだった。

彼から好きだと言われて髪を撫でてもらえるのなら、他に何も要らなかった。好きだと言い合って、強く抱きしめ合って、キスして、触り合って、ぼくの果実と彼の果実が同じ形になって、お互いに同じように求め合っていることを確かめて、幸福を感じた。どうしてぼくに発情しているのに、それでもなお女の肉体が必要なのだろう。嫉妬深いぼくは何度も彼から離れ、そしていつも彼へと帰っていった。

 

 

・初めてのクリスマスも喧嘩して、また仲直りした

初めてのクリスマスイヴも一緒に過ごして、一緒に寝て、次のクリスマスの日、彼に女の子とデートすることをいきなり聞かされたから、ぼくはもう我慢できずに彼の前で初めて泣いてしまった。彼が女の子しか好きにならないことはわかりきっていたことなのに、大切な日にいつも好きだと言ってくれていたぼくを置き去りにして見知らぬ女の子の元へ行ってしまうことに、心が壊されそうなくらいの苦しみを覚えた。ぼくの涙を見て彼は戸惑い、ぼくの髪を撫でて、夜には会うことを約束しようとしてくれたけれど、ぼくはもう彼といたら心が壊れてしまってこれ以上生きていられなくなると思って、彼の部屋にはもう来ないことを告げて彼の部屋を出た。彼は「もういいよ、俺のことなんか嫌いになったんやろ」と怒っていた。何もわかっていない人だと思った。

後からぼくは彼に「大好きだからもう部屋には行けない」とメールを送った。彼は女の子とデートするのはクリスマスなのに男だけなのが嫌だったからだと見え透いた言い訳をした。彼の前で初めて泣いてしまったぼくは、これからもきっとわがまま言ってしまうし、困らせてしまうし、怒らせてしまうから2人はもう会わない方がいいことを伝えた。彼はぼくのわがままに少しは耐えること、ぼくのことを大切にすることを約束してくれて、結局その日の夜に会うことになった。だけどぼくはこのままだと本当に心が壊れそうだと感じたから、要らなくなったらいつでも捨ててねと彼にお願いした。彼はぼくの目を見て「俺は絶対にお前を捨てない」と告げた。その言葉がとても悲しくて苦しかった。

 

 

・ぼくを好きだと抱きしめるなら、女の肉体を求めることをやめてほしかった

彼のことになると、ぼくは自分を見失っていた。彼が女の子の紹介をしてもらったという話を聞くたびに嫉妬して、苦しくて、合鍵を返してしまって、深夜になって我に帰って彼の部屋に謝りに行って怒られたりもした。ぼくの心は、何もかもが彼に支配されていたけれど、それを誰にも言えないことが悲しかった。

「大好き」と言い合って恋人同士みたいにふるまっていることと、なお本能に従って彼が女の肉体を求めてさまよい歩いていることの間に矛盾を感じて、心が引き裂かれそうになりながらも、ぼくは多忙な学生生活を営み続けなければならなかった。ぼくも彼も医学部医学科で、授業もテストも実習もレポートも常に多く、彼のことで心が滅ぼされそうになっているのに、かろうじて社会的な自分を保ちながら生きていくしかなかった。医学部では1教科でもテストを落としたら留年だった。ぼくの魂は限界を迎えつつも、死んだように何も考えないで心を閉ざして走り続けた。

ぼくのことを好きだと言って抱きしめるなら、そしてそれ以上のことを交わし合うのなら、もう女の子を求めることをやめてほしかった。けれどそんなことは無理だと誰が見ても明らかだった。彼の生まれ持った濃厚な本能は、彼の若い肉体を突き動かして女の肉体を求めさせようと必死だった。彼の肉体は女の肉体に注ぎ込むための液体を大量に生産し続け、その液体に支配された彼の肉体が常に女の肉体を求めてさまようことはとても自然な現象だった。むしろ彼がぼくの肉体を抱きしめてくれることが不思議だった。ぼくは抱きしめられるはずのない人に抱きしめられ、触られるはずのない人に触られていた。そして彼は、固くなるはずのない人に向かって果実を熱く膨張させていた。

ぼくは人間の性の深遠さに触れ、だからこそ魂を引き裂かれて動けなくなっていった。どうせなら最初から求められなければ、そういうものだと安らかな心を保てたものを。なぜ彼はノンケなのにぼくの肉体を抱きしめて発情するのだろう。そしてなぜぼくと好きだと交わしながらも、当然のように女の肉体を求めることを許されるのだろう。好きだと誓い合っているのなら他の人には誓わないでほしいと、男同士だとなぜ望めないのだろう。抱きしめ合っているのだから他の人を抱かないでほしいと、当たり前の願いをなぜ躊躇うのだろう。機械のように男と女、はっきりとどちらかひとつだけを選び取る仕組みなら単純で浅はかな世界に住むことができたのに、その中間に浮遊するような彼の曖昧な性の営みが、結局ぼくを絶望へと追い込んでいった。

 

・大学時代の2番目の恋について

大学時代、ぼくは片思いしているノンケの友達に膝枕されるのが好きだった

大学時代、片思いしているノンケの親友の幸せはぼくの地獄となることを知った

大学時代、大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

ノンケの親友と愛し合いながら、彼は同性愛と異性愛の狭間で不安定にもがき苦しんでいた

ノンケの彼とゲイのぼくは、どんなに好きだと抱きしめ合っても恋人同士にはなれなかった

ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

大学時代ノンケへの片思いを通して、ゲイのぼくは叶うはずがない運命の恋でさえ叶う瞬間があることを知った

 

・ぼくの高校時代の初恋について

ぼくが同性愛者(ゲイ)だと気付いたきっかけは高校2年生の初恋だった

ゲイからノンケへの初恋は誰にも言えない分、純度の高い宝石となって残る

ゲイがノンケに告白したら2人の関係性はどうなるのか、実体験をもとに考察

ノンケに恋してつらかった高校時代、ぼくが心を癒す唯一の方法は「歩く」ことだった

成績学年トップだったぼくがノンケの同級生を好きになって大学受験に大失敗した話

ノンケへの初恋と片思いの終わり!好きな人と完全に離れればすぐに忘れられるというのは本当か?

 

・同性愛について

ぼくが同性愛者(ゲイ)としてブログを書こうと思った理由

思春期の同性愛者(ゲイ)が孤独を感じる7つの理由

同性愛者(ゲイ)から異性愛者(ノンケ)への片思いの恋がつらい5つの理由と、それでも人を愛することが素晴らしい理由

異性愛者(ノンケ)へ叶わない片思いをしている同性愛者(ゲイ)が聞きたい中島みゆきの隠れた名曲18選

どうせ叶わないからゲイがノンケに片思いしても時間の無駄だし価値がないというのは本当か?

好きな人に好きと言われない運命!ゲイのぼくは日常生活で普通の恋愛ができないことを悟った

ゲイがノンケに告白するのは迷惑だから告白すべきではないというのは本当か?

ノンケの親友を恋愛対象として好きになることは彼に対する裏切り行為になるというのは本当か?

ゲイとノンケの複雑な恋愛模様!映画「窮鼠はチーズの夢を見る」で心に残った9つのセリフを考察

父親のセリフが感動的!同性愛映画「君の名前でぼくを呼んで」が魅力的な7つの理由を考察

女っぽい男は異常じゃない!男の肉体には男の心だけが、女の肉体には女の心だけが宿るというのは本当か?

同性愛者の気持ちを歌える宇多田ヒカルはバイセクシャル?彼女のセクシャリティをtwitterや楽曲から推測してみた

少年に精液を植え付けられることがなかったら、ぼくたちは何を求め愛しただろうか

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ