別れたくても別れられない…大好きなノンケの彼に呼ばれると、ぼくはすぐに彼の元へ舞い戻った

 

彼だけが、本当のぼくを知っている。

別れたくても別れられない…大好きなノンケの彼に呼ばれると、ぼくはすぐに彼の元へ舞い戻った

・大学時代、ゲイのぼくとノンケの彼は恋人同士みたいだった
・彼がいてもいなくてもぼくは深い孤独を背負うことを知った
・4ヶ月の努力も彼からの2通のメールによって簡単に打ち破られた
・大好きな彼から連絡が来ると、ぼくはすぐに彼の腕の中へと帰って行った
・彼はぼくに、他の誰にも好きと言っていないと誓った

・大学時代、ゲイのぼくとノンケの彼は恋人同士みたいだった

大学時代、ゲイのぼくと同級生のノンケの彼は不思議なことに恋人同士のような関係になった。合鍵を交換しお互いの部屋を行き来して、「好き」と言っては抱きしめ合い、甘え合い、キスして、触り合っていた。

両思いに!大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

けれど若い彼の燃え盛る本能はいつも女の肉体を求めていた。ぼくという例外がいてもそれを止めることなど到底できずに、ついに彼は人生で初めての彼女を作った。けれど彼はぼくに決してそれを教えてはくれなかった。ぼくはそれを裏切りだと憎んだし、彼もそれが裏切りに当たると知っていたから、ぼくに何も言わなかった。2人が最も幸せになる道は2人が会わないことだと悟り、ぼくはもう彼の部屋に行かないことを決めた。

ノンケの親友に失恋!ノンケの彼はゲイのぼくを裏切って彼女を作った

ぼくが彼の部屋に行かなくなってからも、ずっと彼からの連絡は来なかった。本当に心から欲していた女の肉体を手に入れて、ぼくのことなんてどうでもよくなったのかもしれない。ぼくよりもはるかに彼の肉体に快楽を与えられる、ぼくの代わりになる女の肉体なんてこの世にいくらでもあったのだろう。彼の部屋の明かりを見ただけで、ぼくの心は締め付けられて泣いていた。彼がぼくをひどく裏切ったのに、ぼくはご飯も食べられなくなるくらいに傷ついて、彼は女の子と幸せになっていることがとても虚しかった。けれどこの不条理こそが人の世の正体だと感じた。少なき者(同性愛者)にはその絶望を語るあてもなく、ただただ心を閉ざして孤独に自分自信を守り抜くしかなかった。

ノンケの彼と別れて、彼の部屋の明かりを見るだけでぼくの心は泣いていた

 

・彼がいてもいなくてもぼくは深い孤独を背負うことを知った

もはや死んだように生きるしかこれからを生き抜く術はなく、ぼくは何事もなかったかのように心を押し殺しながら、何も悲しくないフリをして大学に通っていた。誰にも心の中の深い悲しみを打ち明けられなかった。同級生の男の子を好きになって裏切られた絶望なんて、誰とも共有できるはずがなかった。本当のぼくはずっと泣いているのに、普段の友達は誰もそれを知ることがなかった。人間というものは何ひとつ本当のことなんて見えない生き物だと、ぼくは絶望の淵から彼らを見て思った。見えているものだけが決して全てじゃないと、ぼくは自分自身を顧みながら悟った。

ぼくはもはや彼といないと孤独を感じてしまうようになっていた。本当のぼくを、周りの友達は誰も知らない。本当のぼくを知っているのは彼だけだった。男を好きな男だということも、いつも好きな人に甘えてしまうことも、嫉妬深くてすぐに怒ることも、悲しいときには涙を流すことも、彼しか知らないぼくの秘密だった。それを全部知った上で、彼はぼくを大好きだと受け入れて抱きしめてくれた。本当のぼくを彼しか知らないということは、彼がいなくなるとぼくはひとりぼっちになってしまうことを意味していた。彼を好きだからぼくは孤独を感じると思っていたのに、彼がいないとさらに大きな孤独を背負うことになるということを、ぼくは彼から離れて初めて知った。

 

 

・4ヶ月の努力も彼からの2通のメールによって簡単に打ち破られた

彼から離れて、死んだように生きて4ヶ月が経った。どんなに彼の部屋をもう一度訪ねたいと思ったかわからない。けれど2人の幸せのために、もう行かない方がいいのだと自分に言い聞かせ踏みとどまった。いつもどんなにもう会わないようにしようと決意しても、すぐに彼の元へ帰ってしまったぼくだったから、出会ってからこんなに長い間離れたことはなかった。それはきっと、彼がぼくを裏切って彼女を作ってしまったという大きな理由があったからだった。

彼にとってぼくは、全く必要な存在じゃなかったんだ。あんなに好きだと抱きしめ合ったのに、なかったことにされてしまうんだ。彼と一緒にいても、彼から離れても、ぼくの深い絶望に変わりはなかった。

ある日ふと、彼からメールが来た。彼の家に来てほしいというメールだった。ぼくはここでいつものように彼の元へ戻ってしまっては4ヶ月も我慢した意味がないと思い、今は忙しいから無理だと断った。しばらく経つとまた彼から、いつ忙しくなくなるのとメールが来た。ぼくは、まだ忙しいからと行くのを断った。それでもぼくは、大好きな人からの誘いを2回も断れるほど、頑なな心を持っていなかった。本当は1回呼ばれただけでもすぐに大好きな人の元へ帰って抱きしめられたいのに、2回も断るなんてできなかった。

2回目を断ってからすぐに、言葉とは裏腹に、ぼくの身体は彼の部屋へと急いでいた。

 

・大好きな彼から連絡が来ると、ぼくはすぐに彼の腕の中へと帰って行った

大好きな彼に4ヶ月ぶりに膝枕をしてもらった。4ヶ月ぶりに甘えた。4ヶ月ぶりに抱きしめてもらった。4ヶ月ぶりに好きだと言われた。4ヶ月ぶりにキスをした。初めて彼に好きだと言われたときみたいに、心臓のあたりに不思議な物質が走って行くのを感じていた。

どうして今更ぼくを呼んでくれたのだろう。彼女と別れたのかな?だけど彼女ができたこともぼくに隠している彼に対して、別れたのかどうかなんて聞けるはずもなかった。ぼくはただ、彼がぼくを必要としてくれて、彼がぼくを求めてくれているという事実だけで嬉しかった。

ずっと会えなくて寂しかった?って聞いたら、寂しかったって答えてくれた。ぼくも寂しかったよと言って、そしてまた強く抱きしめ合った。

 

 

・彼はぼくに、他の誰にも好きと言っていないと誓った

それからというもの、ぼくたち2人はまた以前のように会うようになった。いつものようにぼくが彼に好きとつぶやくと、彼から「好きっていう言葉は安売りするもんじゃないで」と言われたので、「ぼくはSにしか言ってないよ。Sは他の人にも言ってるんやろうけど」と返した。彼は「はぁ?誰が他の人にも言ってるねん!」と誤魔化すので、「他の人にも言ってるの知ってるもん。他の人にも好きって言ってるならちゃんと教えてよ」と問いただした。彼は「他の誰にも言ってないよ。そんなん言うわけないやろ」とぼくをなだめた。裏切られてさらに疑い深くなったぼくは泣きそうになりながら「本当に信じていいの?」と彼に訪ねた。彼は「信じていいよ」とぼくを抱きしめた。

 

 

・大学時代のぼくの2番目の恋について

大学時代、ぼくは片思いしているノンケの友達に膝枕されるのが好きだった

大学時代、片思いしているノンケの親友の幸せはぼくの地獄となることを知った

両思いに!大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

ノンケの親友と愛し合いながら、彼は同性愛と異性愛の狭間で不安定にもがき苦しんでいた

ノンケの彼とゲイのぼくは、どんなに好きだと抱きしめ合っても恋人同士にはなれなかった

ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた

言われるはずのない同性愛の人生の中で、ノンケの彼はゲイのぼくに「愛してる」と告げた

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

大学時代ノンケへの片思いを通して、ゲイのぼくは叶うはずがない運命の恋でさえ叶う瞬間があることを知った

ノンケの彼はぼくを好きだと抱きしめながらも、女の肉体を探し求め続けた

ノンケの彼には、ぼくとの同性愛的体験を受け入れる覚悟と誠実さがなかった

ノンケの彼との恋愛がつらく苦しすぎて、ぼくは通常の学生生活が営めなくなっていった

大学の留年を機に、ゲイのぼくとノンケの彼は少しずつ離れていった

ノンケの親友に失恋!ノンケの彼はゲイのぼくを裏切って彼女を作った

ノンケの彼と別れて、彼の部屋の明かりを見るだけでぼくの心は泣いていた

 

・ぼくの高校時代の初恋について

ぼくが同性愛者(ゲイ)だと気付いたきっかけは高校2年生の初恋だった

ゲイからノンケへの初恋は誰にも言えない分、純度の高い宝石となって残る

ゲイがノンケに告白したら2人の関係性はどうなるのか、実体験をもとに考察

ノンケに恋してつらかった高校時代、ぼくが心を癒す唯一の方法は「歩く」ことだった

成績学年トップだったぼくがノンケの同級生を好きになって大学受験に大失敗した話

ノンケへの初恋と片思いの終わり!好きな人と完全に離れればすぐに忘れられるというのは本当か?

 

・同性愛について

ぼくが同性愛者(ゲイ)としてブログを書こうと思った理由

思春期の同性愛者(ゲイ)が孤独を感じる7つの理由

同性愛者(ゲイ)から異性愛者(ノンケ)への片思いの恋がつらい5つの理由と、それでも人を愛することが素晴らしい理由

異性愛者(ノンケ)へ叶わない片思いをしている同性愛者(ゲイ)が聞きたい中島みゆきの隠れた名曲18選

どうせ叶わないからゲイがノンケに片思いしても時間の無駄だし価値がないというのは本当か?

好きな人に好きと言われない運命!ゲイのぼくは日常生活で普通の恋愛ができないことを悟った

ゲイがノンケに告白するのは迷惑だから告白すべきではないというのは本当か?

ノンケの親友を恋愛対象として好きになることは彼に対する裏切り行為になるというのは本当か?

ゲイとノンケの複雑な恋愛模様!映画「窮鼠はチーズの夢を見る」で心に残った9つのセリフを考察

父親のセリフが感動的!同性愛映画「君の名前でぼくを呼んで」が魅力的な7つの理由を考察

女っぽい男は異常じゃない!男の肉体には男の心だけが、女の肉体には女の心だけが宿るというのは本当か?

同性愛者の気持ちを歌える宇多田ヒカルはバイセクシャル?彼女のセクシャリティをtwitterや楽曲から推測してみた

少年に精液を植え付けられることがなかったら、ぼくたちは何を求め愛しただろうか

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ