ノンケの彼の鞄からコンドームが出て来たけれど、ぼくは悲しみも絶望も何も感じなくなった

 

ぐちゃぐちゃに握りつぶしてしまったゴムを、ぼくはいつまでも握りしめてた。

ノンケの彼の鞄からコンドームが出て来たけれど、ぼくは悲しみも絶望も何も感じなくなった

・大学時代、ゲイのぼくとノンケの彼は恋人同士のような関係になった
・ノンケの彼の鞄からコンドームが出て来たけれど、ぼくは悲しみも絶望も何も感じなくなった
・その日のぼくの日記
・コンドームと合鍵

・大学時代、ゲイのぼくとノンケの彼は恋人同士のような関係になった

大学時代、ゲイのぼくと同級生のノンケの彼は不思議なことに恋人同士のような関係になった。合鍵を交換しお互いの部屋を行き来して、「好き」と言っては抱きしめ合い、甘え合い、キスして、触り合っていた。

両思いに!大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

けれど若い彼の燃え盛る本能はいつも女の肉体を求めていた。ぼくという例外がいてもそれを止めることなど到底できずに、ついに彼は人生で初めての彼女を作った。けれど彼はぼくに決してそれを教えてはくれなかった。ぼくはそれを裏切りだと憎んだし、彼もそれが裏切りに当たると知っていたから、ぼくに何も言わなかった。2人が最も幸せになる道は2人が会わないことだと悟り、ぼくはもう彼の部屋に行かないことを決めた。

ノンケの親友に失恋!ノンケの彼はゲイのぼくを裏切って彼女を作った

ノンケの彼と別れて、彼の部屋の明かりを見るだけでぼくの心は泣いていた

心が引き裂かれそうになりながらも4ヶ月間、彼に会わないように努力していたけれど、そんな努力も彼から2通のメールが来ただけで無意味に帰してしまった。大好きな彼から部屋に来てほしいと求められることで、ぼくのどんな決心も努力もいとも容易く崩壊してしまうのだった。ぼくは彼に「他の人にも好きって言ってるならちゃんと教えてほしい」と問い詰めた。彼はぼくに「他の人には好きだなんて言っていない。信じていいよ」と答えた。彼はいつもぼくを裏切って、ぼくは彼を信じてはいなかったけれど、それでもぼくは彼が大好きだった。彼がぼくのことを好きだと言って抱きしめてくれるだけで、ぼくの心は少しずつ満たされていた。

別れたくても別れられない…大好きなノンケの彼に呼ばれると、ぼくはすぐに彼の元へ舞い戻った

けれどそれすら嘘だったことが、クリスマス近くになって彼から明かされた。彼はまだ彼女と付き合っているから、24日は一緒に過ごせないことをぼくに告げた。ぼくは何度裏切られても、何度嘘をつかれても、彼を嫌いになることはできなかった。そして彼はずっと欲しかった女の肉体を手に入れてもなお、無意味にぼくのことを求め続けた。

裏切られ続けたぼくは狂人となって、彼女と過ごすノンケの彼の部屋を訪ねることさえ恐れなかった

同性愛者として生まれた水色の少年は、この人生で幸せにはなれないのだと悲しい覚悟をした

 

・ノンケの彼の鞄からコンドームが出て来たけれど、ぼくは悲しみも絶望も何も感じなくなった

彼の部屋を片付けていると、彼のカバンの中からコンドームが出てきた。全部で6個入りのうち、3つがなくなっていた。彼はぼくの知らないところで、童貞を卒業していた。彼の果実は、もうぼくだけが触ったことのあるものではなくなっていた。それでもぼくはもう、何も感じなくなってしまった。悲しみも、絶望も、孤独も、全ての感情を忘れてしまったかのようだった。ぼくはこれまで彼に裏切られすぎて、傷つけられすぎて、もはや心が死んでしまったようだった。悲しみが多すぎると人は、自らの心を殺して、もう何も感じないようにして、自分自身を護り抜くのかもしれなかった。

ぼくが彼によって裏切られ、傷つけられ、ひとり部屋で泣いているときにさえ、彼は女の肉体に発情し、夢中になり、初めての快楽に歓喜し、野性的な幸福感に包まれていたのだった。正しい人が幸せになって、悪人が不幸になるというのは嘘だと思った。彼のことを変わらずに好きでい続けたぼくは悲しみが多すぎて心を喪失し、ずっと好きだと言い合っていたぼくを裏切って女の肉体を手に入れた彼は幸福と享楽の真ん中にいた。ぼくはこの世が不条理に満たされていることを魂の全てで感じ取っていた。裏切っても裏切っても彼はぼくを見放して、自分だけの野性的な幸福へと突き進んでいた。裏切られれば裏切られるほど、彼への思いが一途であればあるだけ、ぼくの心は鋭いナイフでえぐられて血を流し殺されてしまった。

ぼくが彼を好きだということが、何よりもいけないことだった。男が男を好きになることが、何よりもいけないことだった。ぼくが男を好きになることが、何よりもいけないことだった。けれどなぜぼくが男を好きになるのか、自分のことなのにぼくには全くわからなかった。なぜぼくが男を好きになるのか、それは世界の誰にもわからなかった。

ぼくたちがどこにでもいる普通の恋人同士の関係ならば、ぼくは大学の友達に彼の裏切りと非道を語っただろう。そして彼は悪人として糾弾され、罰を受ける結果となったかもしれない。けれどぼくたちは男同士だったから、どんなに彼に裏切られても、どんなに彼に傷つけられても、ぼくはひとりで悩んで凍えて泣いているしかなかった。この世で彼が悪人になることはなかった。もしかしたら彼もそれを知っていた。だからこそ何ひとつ悪びれることもなく、自由に、堂々とぼくを裏切り続けたのかもしれない。彼が悪人であることは、他でもない彼だけが知っている。けれど世の中が誰ひとりとして彼を悪人だと知らず、彼だけが自分を悪人と知っているその事実に、一体どれほどの意味があるのだろうか。彼は自分だけが知る悪人として、これからも何ひとつ罰も受けることなく幸せになり続けるのだろう。それが不条理な世の習わしだった。善悪なんて、本当はこの世にはなかった。ただ無慈悲な混沌が、厳然と横たわっているだけだった。

 

 

・その日のぼくの日記

あいつのカバンの中から見える箱
そうじゃなければいいのにと思う心に現実は従わない
取り出せばそれは、あいつが彼女と使ったゴムの箱
6個入りなのに3個しか中には入っていなかった
あいつが財布の中にいつも入れてたひとつのゴムも消えていた
もうどうでもいいとか、どうしようもないとか
思いつつも一応、怒ってみなきゃつまらないから怒ってみる
ゴムの箱をあいつに投げつけてみる
「それなんなん」
って言いながらちょっとすねてみる
『あーだからいろいろ見るなって言ったやろ』
ってあいつは返す
「なんなんそれ」
ぼくは繰り返す
あいつは黙ってる
分かってることを聞いてみる
「まだ裏切りは続いてるの」
あいつは分かってること聞き返す
『裏切りって何のことか分からんねんけど』
分かってること分かってるからぼくは返す
「分かってるのに聞かないで まだ裏切ってんの」
あいつは下向いて返す
『うん…』

ぼくはだんだん本気で悲しくなる
ぼくがあいつに裏切られたせいでずっと泣いたり悩んだり苦しんだりしてる時に
あいつは幸せやったんや
あいつが全部裏切ったのに
あいつだけ幸せやったんや
あいつが全部裏切ったのに
ぼくだけ泣いて悩んで苦しんで
どうしてあいつだけ幸せなの
何がこの世界を不公平にしてるの

気が付けば箱に入った3つのゴムを
手の中でぐちゃぐちゃにつぶしながら
その手であいつを叩いてた
「最悪…最悪…」
って言いながら
何が最悪なのか分からない
男を好きなぼく
裏切ったあいつ
この世界
何が最悪なのか
ぼくには分からない
自分の言葉さえ分からない

次第に涙が出てくる
試しに怒っただけだったのに
知らぬ間に感情が止まらなくなる
「ひとりにしないで
ひとりにしないで」
何を言っても無駄なのにそんな言葉が口を突く
「ひとりにしないで
ひとりにしないで」

もうひとりになっているのに
生まれてからずっとひとりなのに
これからもずっとひとりなのに
ひとりで生きていくこと
覚悟していたつもりで
幼い頃から
分かっていたつもりで
本当は怖かったんだ
ひとりで生きることが
そうなるべき運命を抱えた人生だって
ちゃんと分かってる人を演じて
本当はどこかで夢見てたんだ
誰かがそばにいてくれること
好きっていってくれること
愛してくれること
人はどんなに言葉で分かっていても
夢見てしまう生き物
たとえどんなに小さな期待でも
消えてしまいそうなかすかな希望でも
そんなものないも同然だって物分かりのよいふりをして
本当はね
本当はね
いつだって忘れない
叶わないことを叶うかもしれないと願うことを
叶わないことを叶うはずだと信じることを
そして生きることを

ぐちゃぐちゃにつぶしてしまったゴムを
ぼくはいつまでも握りしめてた
でもどんなにぐちゃぐちゃにしても
開けてしまえばまだ中身は使えそうだった
どんなに強く握りしめても
中身は生きていた
どんな力でねじ曲げようとしても
どんな力で押し伏せようとしても
変わらないものをぼくは見た
それはまるで
あいつが女を好きであること
ぼくが男を好きであることみたいで
無力だと思った
虚しいと思った

 

 

・コンドームと合鍵

ぼくはつぶしてしまったコンドームを、彼の部屋から持ち帰って開けた。そして彼の部屋の合鍵を、ゴムの中に入れて遊んだ。生々しいゴムは、大河の象徴だった。男が女を愛するという、ありふれた大河の象徴だった。彼がぼくに与えてくれた合鍵は、小河の象徴だった。ぼくと彼が男同士で好きだと交わし合った、消えてしまうほどの小河の象徴だった。

小河は大河に絡め取られ、その身動きを奪われた。あまりに小さかった好きという言葉は、なかったことになるのだろう。大自然と宇宙と本能の大いなる渦に巻き込まれ、はじめから、なかったのと同じことになるのだろう。

 

 

・大学時代のぼくの2番目の恋について

大学時代、ぼくは片思いしているノンケの友達に膝枕されるのが好きだった

大学時代、片思いしているノンケの親友の幸せはぼくの地獄となることを知った

両思いに!大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

ノンケの親友と愛し合いながら、彼は同性愛と異性愛の狭間で不安定にもがき苦しんでいた

ノンケの彼とゲイのぼくは、どんなに好きだと抱きしめ合っても恋人同士にはなれなかった

ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた

言われるはずのない同性愛の人生の中で、ノンケの彼はゲイのぼくに「愛してる」と告げた

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

大学時代ノンケへの片思いを通して、ゲイのぼくは叶うはずがない運命の恋でさえ叶う瞬間があることを知った

ノンケの彼はぼくを好きだと抱きしめながらも、女の肉体を探し求め続けた

ノンケの彼には、ぼくとの同性愛的体験を受け入れる覚悟と誠実さがなかった

ノンケの彼との恋愛がつらく苦しすぎて、ぼくは通常の学生生活が営めなくなっていった

大学の留年を機に、ゲイのぼくとノンケの彼は少しずつ離れていった

ノンケの親友に失恋!ノンケの彼はゲイのぼくを裏切って彼女を作った

ノンケの彼と別れて、彼の部屋の明かりを見るだけでぼくの心は泣いていた

別れたくても別れられない…大好きなノンケの彼に呼ばれると、ぼくはすぐに彼の元へ舞い戻った

裏切られ続けたぼくは狂人となって、彼女と過ごすノンケの彼の部屋を訪ねることさえ恐れなかった

同性愛者として生まれた水色の少年は、この人生で幸せにはなれないのだと悲しい覚悟をした

 

・ぼくの高校時代の初恋について

ぼくが同性愛者(ゲイ)だと気付いたきっかけは高校2年生の初恋だった

ゲイからノンケへの初恋は誰にも言えない分、純度の高い宝石となって残る

ゲイがノンケに告白したら2人の関係性はどうなるのか、実体験をもとに考察

ノンケに恋してつらかった高校時代、ぼくが心を癒す唯一の方法は「歩く」ことだった

成績学年トップだったぼくがノンケの同級生を好きになって大学受験に大失敗した話

ノンケへの初恋と片思いの終わり!好きな人と完全に離れればすぐに忘れられるというのは本当か?

 

・同性愛について

ぼくが同性愛者(ゲイ)としてブログを書こうと思った理由

思春期の同性愛者(ゲイ)が孤独を感じる7つの理由

同性愛者(ゲイ)から異性愛者(ノンケ)への片思いの恋がつらい5つの理由と、それでも人を愛することが素晴らしい理由

異性愛者(ノンケ)へ叶わない片思いをしている同性愛者(ゲイ)が聞きたい中島みゆきの隠れた名曲18選

どうせ叶わないからゲイがノンケに片思いしても時間の無駄だし価値がないというのは本当か?

好きな人に好きと言われない運命!ゲイのぼくは日常生活で普通の恋愛ができないことを悟った

ゲイがノンケに告白するのは迷惑だから告白すべきではないというのは本当か?

ノンケの親友を恋愛対象として好きになることは彼に対する裏切り行為になるというのは本当か?

ゲイとノンケの複雑な恋愛模様!映画「窮鼠はチーズの夢を見る」で心に残った9つのセリフを考察

父親のセリフが感動的!同性愛映画「君の名前でぼくを呼んで」が魅力的な7つの理由を考察

女っぽい男は異常じゃない!男の肉体には男の心だけが、女の肉体には女の心だけが宿るというのは本当か?

同性愛者の気持ちを歌える宇多田ヒカルはバイセクシャル?彼女のセクシャリティをtwitterや楽曲から推測してみた

ぼくには自らの魂の救済をする使命があり、労働という下らないまやかしに巻き込まれている暇はない

少年に精液を植え付けられることがなかったら、ぼくたちは何を求め愛しただろうか

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ