ノンケの親友に失恋!ノンケの彼はゲイのぼくを裏切って彼女を作った

 

ぼくを傷つけないでほしい、ぼくを裏切らないでほしい。

ノンケの親友に失恋!ノンケの彼はゲイのぼくを裏切って彼女を作った

・大学時代、ぼくは大好きなノンケの親友と恋人同士のような関係になった
・ノンケの彼との恋愛が苦しすぎて、ぼくは通常の学生生活が営めなくなっていった
・大好きなノンケに彼女ができたことを、ぼくは風の噂で聞いた
・最後にあなたに会いに行く
・ノンケの彼はぼくを裏切って彼女を作ったけれど、それを決して教えてはくれなかった

・大学時代、ぼくは大好きなノンケの親友と恋人同士のような関係になった

大学時代、ぼくは同級生のノンケの男の子を好きになった。ぼくが好きな思いを我慢できずに告白すると、それ以来彼もぼくのことを「好き」だと言って抱きしめてくれるようになった。会うたびに好きだと強く抱きしめ合って、キスして、お互いの秘密の果実を触り合った。ぼくたちはお互いの部屋の合鍵を交換して、時間があれば逢瀬を重ねた。もはやぼくたちが、ただの友達や親友と呼ぶことができないことは、誰から見ても明らかだった。誰から見ても明らかだけれど、ぼくたちの秘密は、ただ2人だけのものだった。

大学時代、大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

 

・ノンケの彼との恋愛が苦しすぎて、ぼくは通常の学生生活が営めなくなっていった

ぼくに「好きだ」と言いながらも、ノンケの彼は燃え盛る本能に支配されるまま女の肉体を求め続けた。ぼくを「好きだ」と言って抱きしめてくれたそのあとで、友達に紹介してもらった女の子の話をするとぼくは嫉妬して、不機嫌になって、2人はよく喧嘩になった。

ノンケの彼はぼくを好きだと抱きしめながらも、女の肉体を探し求め続けた

そして彼は時々ぼくたち2人の同性愛的体験を受け入れることができずに「あれは冗談だった」「友達として好きと言っただけ」「精神が不安定だった」と否定し、2人で作り上げた尊い時間を心から遠ざけて、ぼくだけが深い孤独の底に落ちていった。けれど彼がぼくたちの同性愛的体験を否定したあとで、彼の心が安定を取り戻せば、ぼくたちはまた抱きしめ合って、キスして、触り合う関係に戻っていった。彼の言っていることとやっていることはいつも異なっていて、ぼくの心は彼よりもより一層乱れていった。

ノンケの彼には、ぼくとの同性愛的体験を受け入れる覚悟と誠実さがなかった

彼との関係がつらく苦しくて、ぼくは大学の通常の学生生活も営めなくなっていった。彼とぼくは同じ医学部医学科の同級生だった。医学部の学生生活には授業や実習や試験やレポートが山ほどあった。ただでさえ大変な学生生活に加えて、彼との不安定な関係がより大きな重圧としてぼくの上にのしかかってきた。もはや水もないのに砂漠の中をかろうじて前へ進んでいる旅人のような状態で、ぼくはこの6年間の忙しく厳しい学生生活を乗り越えられるのかどうかわからなかった。他人から見れば呑気で楽しい学生生活のように見えても、ぼくの背には誰にも見ることのできない重き荷という名の運命が負われていた。

ノンケの彼との恋愛がつらく苦しすぎて、ぼくは通常の学生生活が営めなくなっていった

ぼくが苦しみの底をさまよっている時に彼が留年して、ぼくたちは別々の学年になった。同じ教室で彼の顔を見なくてよくなった分ぼくの心は少しだけ安らぎ、このまま彼のことを忘れてしまって、大好きな彼から自然と離れられることだけを祈っていた。けれどそんな安らかな運命を、神様は決してぼくたちに与えてくれなかった。

大学の留年を機に、ゲイのぼくとノンケの彼は少しずつ離れていった

 

・大好きなノンケに彼女ができたことを、ぼくは風の噂で聞いた

学年が違うので、前までのように彼と一緒に試験勉強ができる機会も少なくなった。医学部は試験が山ほどあるので、ぼくは彼に構う時間も減り、別の友達とよく勉強するようになっていった。その時に風の噂で、彼に初めての彼女ができたらしいということを告げられた。ぼくは平静を装っていたけれど、その後もちゃんと笑いながら話せていたのか自信がない。本当は隠しきれずに、泣きそうな顔をしていたのかもしれない。

やっぱり止めるのは無理なんだと思った。ゲイのぼくがとても自然にノンケの彼を好きになってしまったように、ノンケの彼もとても自然に女の子の肉体を求めて燃え盛る本能の中を突き進んでいくんだ。神様の作り出したそのとても自然な流れを、無理に塞き止めることなど人間にできるはずがなかった。もし仮にぼくのように、神様によるその自然な流れを踏みにじって、ノンケの彼に告白し、偶然にもノンケの彼に好きだと抱きしめてもらえるようになるという”運命の遡上”を得たとしても、その反逆に対する罰が必ずぼくには下される。

まさに今がその時だった。ゲイのぼくはノンケの彼と少しの間でも思い合え、愛し合えたことにより、思い合えず愛し合えなかった場合よりもより一層、深い悲しみと絶望を注ぎ込まれなければならなかった。ぼくに毎日好きだと言ってくれたのに、抱きしめ合ったのに、キスをして、お互いに秘密の果実を触り合ったのに、それなのにどうして彼はぼくではない別の肉体を求め続けるのだろう。普通の男女の関係でいえば「好き」という言葉は誓いの言葉だ。それを交わし合っていれば、あなただけを見ているという暗黙の鍵だ。けれど彼はその言葉を、別の女の子にも言ったのかもしれない。

それを裏切りだと泣いてはいけないのは、ぼくたちが男同士だからだろうか。男と男でも、男と女でも、見つめ合って「好き」という言葉を交わすのに、意味の違いなんてあるだろうか。こうなることはわかっていたけれど、彼はノンケで女の肉体を求め出すことは当たり前だと諦めていたけれど、言葉や論理では説明もつかない直感的な部分で、ぼくは彼に裏切られたと感じた。きっと燃え盛る本能の炎の中で、彼もぼくを裏切ったと感じていた。

 

 

・最後にあなたに会いに行く

ぼくが3年生になって、彼が留年して、学年が別々になって、ぼくは大好きな彼を忘れようとしてしばらく会わないでいたけれど、彼に彼女ができたと聞いてから、どうしても会いたくて仕方なくなった。彼の幸せを願えば、そしてぼく自身の幸せを思えば、もう会うのはこれで本当に最後にしようと心に決めた。

最後にひざ枕してもらった。
最後にいっぱいいっぱいなでてくれた。
最後に強く何回も抱きしめてもらった。
最後に繰り返し大好きって言った。
最後に好きやでって言ってくれた。
最後のあいつはすごく優しかった。

会えなくて寂しかったか聞いたら寂しかったって言ってくれた。
会いたかったか聞いたら会いたかったって言ってくれた。
最後の最後に ぎゅって抱きしめながら なでてくれて、
そして好きやでって言ってくれた。
俺も大好きって言って抱きしめた。
あいつの腕の中は温かかった。
世界の誰よりも、きっとあなたのそばが一番好き。

俺もあいつの頭なでてあげた。
ありがとうって言いながら。
何がありがとうなんって聞かれたから、
全部って答えた。

生まれてきてくれたこと
出会えたこと
一緒にいられたこと
全部ありがとうって思える。

好きな人に好きって言われたのはあなたが初めてだった。
他にもいっぱい初めてのことし合えた。

ありがとう。

その日の、ぼくの日記。

 

 

・ノンケの彼はぼくを裏切って彼女を作ったけれど、それを決して教えてはくれなかった

彼女ができたことを、あなたは決して教えてくれなかった。もしもぼくがただの友達だったなら、きっとあなたは嬉しそうにそれを教えてくれただろう。どんなに言葉で誤魔化しても、ぼくとあなたが普通の友達じゃないことを、他でもないあなたが一番よくわかっている。彼女ができたことでぼくが深い絶望に落ちていくことを、あなたはちゃんと知っていた。ぼくがそれをあなたのひどい裏切りだと感じることを、あなたはいつも理解していた。それはあなたが、あなた自身の行為を裏切りだと認識していることを意味していた。

ぼくもあなたに嘘をついた。最後まで、あなたに彼女ができたことなんか知らないような無邪気なフリをした。どうして教えてくれないのと尋ねたならば、あなたはきっとぼくを傷つけたくなかったと答えるだろう。だけどもう知っているよ。何もかもを知りながら、ぼくはあなたに会いに来たんだ。心は砕かれ、魂は引き裂かれ、それでもあなたの前で笑っているぼくを、あなたは知らない。ぼくはもう、この世にはいない人みたいだ。

傷つけたくなかったと言うのなら、裏切らないでほしかった。けれどそれはあなたにではなく、あなたを支配している本能の炎に言うべき言葉。炎にどんな言葉を浴びせかけても、炎はただ無言で燃え盛るだけだった。最後の最後だから、ぼくはあなたに何もないかのように無邪気に笑いかけた。けれど心では、あなたの炎に向かって泣き叫んでいた。ぼくを傷つけないでほしい、ぼくを裏切らないでほしい、ぼくを傷つけることで自分だけ幸せにならないでほしいと、いつまでもいつまでも叫び続けていた。

 

 

・大学時代の2番目の恋について

大学時代、ぼくは片思いしているノンケの友達に膝枕されるのが好きだった

大学時代、片思いしているノンケの親友の幸せはぼくの地獄となることを知った

大学時代、大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった

大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった

ノンケの親友と愛し合いながら、彼は同性愛と異性愛の狭間で不安定にもがき苦しんでいた

ノンケの彼とゲイのぼくは、どんなに好きだと抱きしめ合っても恋人同士にはなれなかった

ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた

ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた

大学時代ノンケへの片思いを通して、ゲイのぼくは叶うはずがない運命の恋でさえ叶う瞬間があることを知った

ノンケの彼はぼくを好きだと抱きしめながらも、女の肉体を探し求め続けた

ノンケの彼には、ぼくとの同性愛的体験を受け入れる覚悟と誠実さがなかった

ノンケの彼との恋愛がつらく苦しすぎて、ぼくは通常の学生生活が営めなくなっていった

大学の留年を機に、ゲイのぼくとノンケの彼は少しずつ離れていった

 

・ぼくの高校時代の初恋について

ぼくが同性愛者(ゲイ)だと気付いたきっかけは高校2年生の初恋だった

ゲイからノンケへの初恋は誰にも言えない分、純度の高い宝石となって残る

ゲイがノンケに告白したら2人の関係性はどうなるのか、実体験をもとに考察

ノンケに恋してつらかった高校時代、ぼくが心を癒す唯一の方法は「歩く」ことだった

成績学年トップだったぼくがノンケの同級生を好きになって大学受験に大失敗した話

ノンケへの初恋と片思いの終わり!好きな人と完全に離れればすぐに忘れられるというのは本当か?

 

・同性愛について

ぼくが同性愛者(ゲイ)としてブログを書こうと思った理由

思春期の同性愛者(ゲイ)が孤独を感じる7つの理由

同性愛者(ゲイ)から異性愛者(ノンケ)への片思いの恋がつらい5つの理由と、それでも人を愛することが素晴らしい理由

異性愛者(ノンケ)へ叶わない片思いをしている同性愛者(ゲイ)が聞きたい中島みゆきの隠れた名曲18選

どうせ叶わないからゲイがノンケに片思いしても時間の無駄だし価値がないというのは本当か?

好きな人に好きと言われない運命!ゲイのぼくは日常生活で普通の恋愛ができないことを悟った

ゲイがノンケに告白するのは迷惑だから告白すべきではないというのは本当か?

ノンケの親友を恋愛対象として好きになることは彼に対する裏切り行為になるというのは本当か?

ゲイとノンケの複雑な恋愛模様!映画「窮鼠はチーズの夢を見る」で心に残った9つのセリフを考察

父親のセリフが感動的!同性愛映画「君の名前でぼくを呼んで」が魅力的な7つの理由を考察

女っぽい男は異常じゃない!男の肉体には男の心だけが、女の肉体には女の心だけが宿るというのは本当か?

同性愛者の気持ちを歌える宇多田ヒカルはバイセクシャル?彼女のセクシャリティをtwitterや楽曲から推測してみた

少年に精液を植え付けられることがなかったら、ぼくたちは何を求め愛しただろうか

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ