同性愛者は人を愛することによって否定される運命を背負うべきだというのは本当か?

 

人を愛することによって、否定されていい人なんていない。

同性愛者は人を愛することによって否定される運命を背負うべきだというのは本当か?

・人を愛することは素晴らしいというのは本当か?
・同性愛者の思春期の深い孤独と絶望
・「人を愛することは素晴らしい」なんて教えないでほしかった
・この世の全ての愛は否定されていいはずがない
・他人によって捻じ曲げられた愛を、自分自身で本来の姿へと戻していく

・人を愛することは素晴らしいというのは本当か?

ぼくたちは幼い頃から道徳や流行歌によって、人を好きになることの尊さについて教え込まれる。人を好きになることは素晴らしいことだ、人を愛することはかけがえのないことだという一方的な教えを享受しながら、ぼくたちは幼き日々を過ごしていく。少なくとも教育上で、人を好きになってはならない、人を愛することは間違った行為だと教え込まれることは皆無に等しいだろう。ぼくたちはみんな、人を愛することは素晴らしいことだという巨大な号令に包まれながら、大人になっていくのだ。

そして思春期に入ると本格的に恋心を抱き、人を好きになり始める。

 

 

・同性愛者の思春期の深い孤独と絶望

男が女を好きになったり、女が男を好きになったり、そういうありふれたどこにでもいるような人間の場合だと、「人を好きになることは素晴らしい」「人を愛することはかけがえのないことだ」という号令が苦にならない場合も多いだろう。日常の生活の中で人を好きになることによって告白し、付き合い、結婚し、生殖し、子孫をもうけ、楽しい家族に囲まれて、あぁやっぱり人を愛することは素晴らしいことだったんだ、人を愛することでこんなにも幸せになれたじゃないかと実感される人生も多いのかもしれない。

ぼくが同性愛者(ゲイ)だと気付いたきっかけは高校2年生の初恋だった

しかし思春期の恋心が、男が男を好きになったり、女が女を好きになったりする同性愛だった場合はこの限りではない。ぼくは高校2年生の時に初恋として同級生の男の子を好きになってからというもの「人を愛することは素晴らしい」どころか全くのその真逆で、人を愛することというのはこんなにも苦しみと孤独と絶望を伴うものなのだということを知って唖然とした。これまで聞いていた話と全然違うじゃないかという、すっかり騙された心境である。

どんなにLGBTの権利が世間で主張されていたとしても、世の中にはそれとは関係のない「同性愛は気持ち悪い」「同性愛は避けるべきものだ」「同性愛は見下されるべきものだ」という風潮は未だに根強く、その気配を感じとらずに生きて来た人はおそらくいないだろう。男が男を好きになった時点で、自分は同性愛者ということが確定し、さらに世間の風潮に無防備に晒されることによって、思春期の同性愛者は常に否定のシャワーを浴びせかけられているような感覚に陥る。どうして男なのに男を好きになってしまうのだろう、どうしてみんなと同じように女の子を好きになれないのだろうと思い悩み、しかしそれを誰にも相談できずに孤独の闇の中に沈み込んでしまうこともしばしばである。

思春期の同性愛者(ゲイ)が孤独を感じる7つの理由

 

・「人を愛することは素晴らしい」なんて教えないでほしかった

ぼくは男を好きになって悩んでいた思春期に、「人を愛することは素晴らしい」なんて教えないでほしかったと心底思っていた。人を愛することはこんなにも心をズタズタに引き裂かれそうになるほどに苦しいじゃないかと、「人を愛することは素晴らしい」という常識に反抗せずにはいられなかった。もしも幼い頃から「人を愛することは素晴らしい」などと思い込まされていなかったとしたら、人を愛することはどのようなことか全然わからないから、ぼくのように人を愛することがたとえ絶望だったとしてもショックは少なかったのかもしれない。しかし「人を愛することは素晴らしい」と幼い頃から教え込まれていたからこそ、人を愛することが心が血を流し滅ぼされるほどの痛みだと知った時、そのあまりに激しいギャップに絶望するのだった。

ぼくだって「人を愛することは素晴らしい」と言えるような人生を送りたかった。けれどそれは叶わないことが、自分が男を好きになる男であると知った時に判明してしまった。ぼくは日常生活の中で自然に恋愛し、付き合い、結婚し、生殖し、子孫を残すという、どこにでもあるありふれた幸せと、「人を愛することは素晴らしい」という実感を、決して享受しないまま死んでいくのだろうと、高校生のぼくは孤独の中で悲しみに打ちひしがれていた。

「人を愛することは素晴らしい」という一見何の間違いもなさそうな美しい言葉は、その華やかな外見とは裏腹にぼくの心を傷つけ魂を蝕んでいった。どんなに正しそうに見えるものでも、必ず怪しまなけばならないとぼくは思った。いやむしろ、自分は正しいという顔をしながらふんぞり返って君臨しているような美しい言葉や常識ほど、人を傷つけ絶望に貶める凶器となるのだ。

 

・この世の全ての愛は否定されていいはずがない

同性愛者の中には思春期の時に、人を愛することでことごとく叶わない恋や自らの運命に絶望し、心を傷つけてしまった人も多いのではないだろうか。「同性愛は気持ち悪い」「同性愛は避けるべきものだ」「同性愛は見下されるべきものだ」という率直な世間の風潮を感じつつ、人を愛することで本来は幸せなはずの経験は否定のシャワーへと転換されてしまう。それが同性を好きになるぼくたちの運命なのだろうか。「人を愛することは素晴らしい」と本来ならば感じられる愛によって、その逆に否定を注がれ、絶望を享受し、愛を否定の根源としてしか感じられないままで一生を終えるのだろうか。素晴らしいはずの愛を捻じ曲げているものは一体何なのだろうか。捻じ曲げられた愛によって砕かれた魂を救い出すための鍵は、どこにあるのだろうか。

まず根本的なものの考え方として、人を愛することで人が否定されていいはずがない。本来ならば全ての人は、どんな人でも自由に好きになっていいはずだ。そしてその愛する心はどのような形であっても尊重され、慈しまれ、大切に育て育むべきである。間違った愛なんて、この世に存在しない。男が男を好きになってもいいし、おじいさんが幼い少女を好きになってもいいし、女が犬を好きになってもいいし、イケメンが家の壁を愛してもいいのだ。ただそれが社会の秩序を乱したり、人間集団としての利益よりも不利益が大きすぎる際には法律で禁止されているというだけである。誰かが誰かを愛することは、違法になり得たり、憎しみや恐怖に転換されることもあるが、絶対的な悪とはならない。愛とは自分ではコントロール不可能な、直感的に押し寄せてくるどうしようもない本能的な現象だ。自分ではどうしようもない直感に、悪など宿るはずがない。もちろん男が男を好きになることもその人にとってはどうにもならない直感的な情熱であり、それによって絶望したり否定されるということがあってはならない。

つまり人を愛することによって同性愛者が絶望してしまうのは、愛そのものに問題があるわけではなく、「同性愛は気持ち悪い」「同性愛は避けるべきものだ」「同性愛は見下されるべきものだ」という世の中の空気や気配が原因であることは明白である。このような思い込みや洗脳が自らの心から取り除かれた時になって初めて、自分が人を愛したことも尊さを実感することができるだろう。

しかしたかが自分という人間ただひとりの力によって、人間の間に共有され根付いている「同性愛は気持ち悪い」「同性愛は避けるべきものだ」「同性愛は見下されるべきものだ」という洗脳を、人々の心から解放させることは難しい。人間としてそれなりに生きていれば気がつくが、他人の心なんて見えにくく移ろいやすく曖昧で、はっきり言って自分ではコントロール不可能である。ましてや他人の集まりである人間社会や人間集団の心なんて小さな自分だけの力でコントロールできるはずがない。

 

 

・他人によって捻じ曲げられた愛を、自分自身で本来の姿へと戻していく

他人をコントロールできないとわかったならば、できることはただひとつ。自分の心をコントロールするだけだ。自分の心をコントロールすることも確かに難しいが、他人をコントロールするよりははるかに簡単だろう。ぼくたちは自らの心に働きかけるべきだ。他人の言葉や意見なんて、一切聞く必要なんてないと。

同性愛者のぼくたちは、他人や世間の意見を真に受けるべきではない。彼らはしばしば「同性愛は気持ち悪い」「同性愛は避けるべきものだ」「同性愛は見下されるべきものだ」という悪意を無遠慮に放出し続けている。他人や世間の意見なんて真剣に聞いていては、同性愛者の繊細な心は瞬く間に傷つけられ、えぐられ、再生不可能な精神状態へと陥れられることだろう。ぼくたちは他人の心を聞くことをやめて、ただひたすらに自分自身の純粋な心の声にだけ耳を傾け、自分自身の澄明な直感に導かれながら生きていくべきである。それだけが捻じ曲げられた愛を本来の愛に戻すことのできる唯一の道だ。

差別や偏見や悪意!人間社会で生き辛い同性愛者が意識すべき物事の考え方5つ

他人や世間はぼくたちに様々な悪意や否定をぶつけてくることだろう。しかしそれらは気にするに値しない価値のない思い込みや、洗脳や、過ちだ。この世の全ての愛は直感であり、この世の全ての愛で否定されていいものなんて何ひとつさえあるはずがない。ぼくたちの愛と直感を否定する巨大な嵐は、間違っているとわかってしまえば容易く無視して先を急ぐことができる。ぼくたちに必要なことは、ただ直感と愛に向かって走っていくことだけだ。ぼくたちは間違った孤独と絶望によって塗り固められてしまった捻じ曲げられた愛を、自分の心の声だけを信じて、本来の愛に戻すために走っていこう。

 

 

・同性愛について

ぼくが同性愛者(ゲイ)としてブログを書こうと思った理由

思春期の同性愛者(ゲイ)が孤独を感じる7つの理由

同性愛者(ゲイ)から異性愛者(ノンケ)への片思いの恋がつらい5つの理由と、それでも人を愛することが素晴らしい理由

異性愛者(ノンケ)へ叶わない片思いをしている同性愛者(ゲイ)が聞きたい中島みゆきの隠れた名曲18選

どうせ叶わないからゲイがノンケに片思いしても時間の無駄だし価値がないというのは本当か?

好きな人に好きと言われない運命!ゲイのぼくは日常生活で普通の恋愛ができないことを悟った

ゲイがノンケに恋をすることは、人がどうせ死ぬのに生きることと似ている

ゲイがノンケに告白するのは迷惑だから告白すべきではないというのは本当か?

ノンケの親友を恋愛対象として好きになることは彼に対する裏切り行為になるというのは本当か?

ゲイからノンケへ告白!男同士で告白する際の3つの危険性と、その危険を乗り越える意味

男から男へ告白する方法を経験から徹底解説!告白の注意点と、自分も相手も傷つけずにかろうじて穏便に成功させる方法

ゲイとノンケの複雑な恋愛模様!映画「窮鼠はチーズの夢を見る」で心に残った9つのセリフを考察

父親のセリフが感動的!同性愛映画「君の名前でぼくを呼んで」が魅力的な7つの理由を考察

ゲイがノンケに片思いする映画!浜崎あゆみは「渚のシンドバッド」の女優時代からLGBTの味方だった

女っぽい男は異常じゃない!男の肉体には男の心だけが、女の肉体には女の心だけが宿るというのは本当か?

同性愛者は異常じゃない!男が男を好きになることは、異常で気持ち悪くて変態的だというのは本当か?

差別や偏見や悪意!人間社会で生き辛い同性愛者が意識すべき物事の考え方5つ

ソウルメイトが同性だった場合は?魂同士が同性を求め合ったとき、肉体的な性という現象が尊い縁を撹乱する

ノンケは絶対に男を好きにならない?「自分は同性愛者だ」「異性愛者だ」というのは脆弱な帰納法的公式に過ぎない

ノンケは男の体に興味を持ったり発情しないというのは本当か?

あまりに同性愛的な関係性?!エヴァ幻の24話ではシンジがカヲルに告白し、裸体で海を泳ぎ、キスまでしていた

男は男を好きにならないよ!渚カヲルはなぜ男である碇シンジを好きになったのか

友情というより同性愛的?!しんのすけと風間君はディープキスするほど仲良しだった

森栄喜さん写真集tokyo boy aloneは透明感あふれる東京の街並みと男性ヌードが織りなす名作

少年に精液を植え付けられることがなかったら、ぼくたちは何を求め愛しただろうか

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ