ノンケに恋してつらかった高校時代、ぼくが心を癒す唯一の方法は「歩く」ことだった

  「歩く」という神聖な行為へ。 ノンケに恋してつらかった高校時代、ぼくが心を癒す唯一の方法は「歩く」ことだった ・高校2年生のとき、ぼくは同級生の男の子を好きになった ・悲しみの根源が自分の中にある限り救済は … 続きを読む ノンケに恋してつらかった高校時代、ぼくが心を癒す唯一の方法は「歩く」ことだった