ゲイからノンケへの初恋は誰にも言えない分、純度の高い宝石となって残る

  誰にも話さなかった初恋を誇りに思おう。 ゲイからノンケへの初恋は誰にも言えない分、純度の高い宝石となって残る ・ぼくは高校2年生の時、同じクラスの男の子を好きになった ・もしもぼくの恋を誰かに話せたならば … 続きを読む ゲイからノンケへの初恋は誰にも言えない分、純度の高い宝石となって残る