愛の本質

   

ぼくがあなたを好きになって ぼくにはいいことがたくさんあった あなたと過ごす時間を重ねるたび 嬉しいことも同じように増えていった

ぼくはあなたに好きと言われたかった ぼくはあなたに抱きしめられたかった ぼくはあなたとキスしたかった ぼくはあなたにさわりたかった

あなたがぼくを好きになって あなたにいいことなんてあったのだろうか あなたが欲しいと心から望んでいるものを ぼくはひとつさえ与えられなかった

あなたは男の髪なんて撫でたくなかった あなたは男なんて抱きしめたくなかった あなたは男にキスしたくなかった あなたは男の肉体をさわりたくなかった

裏切ったあなたの好きなんかより あなただけを見ていたぼくの好きの方が ずっと尊いと思い上がっていたけれど 真実は 全くの逆だったんだね

    ブログランキング・にほんブログ村へ
大学時代、ぼくは片思いしているノンケの友達に膝枕されるのが好きだった
大学時代、片思いしているノンケの親友の幸せはぼくの地獄となることを知った
両思いに!大好きなノンケの親友に告白したら毎日「好きだよ」と抱きしめてくれるようになった
大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった
ノンケの親友と愛し合いながら、彼は同性愛と異性愛の狭間で不安定にもがき苦しんでいた
ノンケの彼とゲイのぼくは、どんなに好きだと抱きしめ合っても恋人同士にはなれなかった
ゲイのぼくとノンケの彼は、お互いの部屋の合鍵を交換して恋人のように逢瀬を重ねた
ノンケの親友とゲイのぼくは、同じ果実をお互いに触り合って同じ快楽と幸福を感じた
大学時代ノンケへの片思いを通して、ゲイのぼくは叶うはずがない運命の恋でさえ叶う瞬間があることを知った
ノンケの彼はぼくを好きだと抱きしめながらも、女の肉体を探し求め続けた
ノンケの彼には、ぼくとの同性愛的体験を受け入れる覚悟と誠実さがなかった
ノンケの彼との恋愛がつらく苦しすぎて、ぼくは通常の学生生活が営めなくなっていった
大学の留年を機に、ゲイのぼくとノンケの彼は少しずつ離れていった
ノンケの親友に失恋!ノンケの彼はゲイのぼくを裏切って彼女を作った
ノンケの彼と別れて、彼の部屋の明かりを見るだけでぼくの心は泣いていた
言われるはずのない同性愛の人生の中で、ノンケの彼はゲイのぼくに「愛してる」と告げた