スペイン巡礼800kmを1ヶ月かけて歩く旅の直前、ぼくは男を好きになる男であることを思い出さされた

 

夢の中でぼくはまだ、スペイン巡礼の道を歩いている。

スペイン巡礼800kmを1ヶ月かけて歩く旅の直前、ぼくは男を好きになる男であることを思い出さされた

・スペイン北部のキリスト教の巡礼の道「カミーノ」
・夢の中でぼくはまだ、スペイン巡礼の道を歩いている
・世界一周の旅の中で、ぼくは男を好きな男だということを忘れかけていた
・「君には重大な秘密がある」

・スペイン北部のキリスト教の巡礼の道「カミーノ」

スペイン北部に聖なるキリスト教の巡礼の道がある。カミーノと呼ばれるその道800kmを、ぼくはおよそ30日間かけて歩いた。

スペイン巡礼の旅は、ぼくの世界一周の旅の中の一部だった。800kmといえば、東京から広島とか、東京から函館までの距離だ。そんなにも長い距離を果たして本当に人間が歩けるのか、最初から半信半疑だったが自分の肉体の可能性を追求してみようという好奇心と挑戦と冒険の思いが、ぼくをスペインの聖なる巡礼の道へと駆り立てた。

スペイン巡礼の道にもいくつものコースがあるが、ぼくが歩いたのは最も有名な「フランス人の道」だった。スペインに接したフランス南西部のサン・ジャン・ピエ・ド・ポーを起点として、スペイン北部のいくつかの大都会といくつもの名もなき町を歩いていくという壮大な旅だった。

 

 

・夢の中でぼくはまだ、スペイン巡礼の道を歩いている

スペイン巡礼の道の旅は、世界一周の旅の中でもぼくが最も忘れられない思い出のひとつだ。休まずに1ヶ月間、毎日ただひたすらに歩き続けるというあの不思議な感覚を、ぼくは未だに忘れることができない。夏のスペイン巡礼の道の風景は幻想的で、どこまでも広がる波打つ麦畑、ホタテ貝の道標に導かれた永遠に続きそうな巡礼路、風が鳴り止むことのない青空と荒野の風景は、ぼくの心の中に焼き付き離れることがない。

最終的にはサン・ジャン・ピエ・ド・ポーを出発点として、最終目的地の聖地・サンティアゴ・デ・コンポステーラへたどり着くことができたけれど、ぼくは今でもたまに夢の中で、まだスペイン巡礼の道を歩いている。もしかしたらぼくの巡礼の旅は、永遠に終わることがないのかもしれない。魂の巡礼の旅は、ただただ物質としての道を空間的に移動し、スタート地点からゴール地点までたどり着いたからといって、そんなにも容易く達成されるものではないのかもしれない。

ぼくの魂はまだ、スペイン巡礼の道を歩いている途中だ。永遠に終わらない、魂の巡礼の道を歩んでいる途上だ。

 

・世界一周の旅の中で、ぼくは男を好きな男だということを忘れかけていた

スペイン巡礼の道の出発地、サン・ジャン・ピエ・ド・ポーで不思議な出来事があった。ぼくはスペイン巡礼の旅に出かける前にも、台湾一周の旅や、インドネシア横断の旅、ロシア・シベリア鉄道の旅、冬のヨーロッパを巡る旅、南欧を巡る旅などの冒険を繰り返していた。医師の仕事を中断して世界一周の旅に出ようと決めていたので、そのように多様な旅を続けていることは当然の成り行きだった。

世界中の旅を繰り返すうちに、ぼくは自分という存在が透明になっていくのを感じていた。自分がどのような種類の人間で、どのような群れの中に所属し、自分がどう特別でどのような珍しい生き方をしているのかをすっかり忘れてしまっていたのだ。それはすなわち、ぼくは男を好きになる男だということを忘れてしまっていたことを意味していた。

ぼくが同性愛者(ゲイ)としてブログを書こうと思った理由

自分が男を好きになる男であることなんて、どうでもよかった。そのことによってかつては深い絶望に突き落とされたりもしたけれど、旅に出てしまえばぼくの存在は透明となり、まるであらゆる分裂の中点に位置しているような感覚になった。男でも女でもどうでもいい、大人でも子供でもどうでもいい、人間でも動物でもどうでもいい、聖でも俗でもどうでもいい、生きていても死んでいてもどうでもいい、その代わりにただその中点に自分の存在を配置し、どちらにも属さずにどちらにも属しているような、境界線上に自らの魂を見出す感覚を旅はぼくに授けてくれた。

 

 

・「君には重大な秘密がある」

若い肉体に引き起こされる強烈な性的発情も、無尽蔵に体内に生産される濃厚な青い液体も、ぼくの関心をとらえないままスペイン巡礼の旅へと導かれた。ぼくはもう、自分が男とを好きになる男であることなんてどうでもいいと感じていたし、聖なる旅を前にそんなことは忘れてしまっていた。

しかしスペイン巡礼を始めようとぼくがサン・ジャン・ピエ・ド・ポーへと辿り着いたその日に、ぼくは自分が男を好きな男であることを突如として思い出さされてしまった。それはサン・ジャン・ピエ・ド・ポーで宿泊していたフランス人の宿のおじさんと会話していた時のことだった。

おじさんとは特に取り止めもない会話をし、ぼくの過去の旅の話や、ぼくの書いている旅のブログを見せて「君は感受性が豊かなんだね」などという意見をもらったりして時は過ぎた。夜も遅くなり就寝の時間となり、会話を終了して部屋へ戻ろうとすると、おじさんはいきなりおもむろに、「君のスペイン巡礼の旅がよいものになるように祈っている。君には秘密がある」とつぶやいた。

おじさんの「君には重大な秘密がある」という言葉の意味が全くわからなくて、ぼくは不思議な顔をしていると「君は男の子と女の子どっちが好きなんだい?」と聞かれた。おじさんとの会話で全くそんな話題をしていなかったので、突然のことに驚いたが、素直に男の子ですと答えた。

あのおじさんは一体何だったのだろう。結局スペイン巡礼の旅は素晴らしかったが、当然のことながら同性愛に関わるような出来事が起こることはなかった。しかしスペイン巡礼の旅の始まりの前夜、ぼくが800kmを歩くという人生で初めての不思議な挑戦をしようとする直前に、いきなりなんの脈絡もなく自分が男を好きになる男、同性愛者だということを振り返させられてしまったことには、何かしらの意味があったような気がしてならない。もしかしたらあのおじさんは聖なるスペイン巡礼の精霊で、ぼくにとって同性愛者であるということは重要なひとつのかけがえいのない要素だからカミーノの旅の中でさえ忘れるべきではないと忠告するために、ぼくの目の前に現れてくれたのだろうか。

その真相はサン・ジャン・ピエ・ド・ポーのおじさんにしかわからないことだが、ぼくの中では必死に人を愛した日々と、スペイン巡礼のせいなる旅路が、何の関係もないはずなのに意識の中で不思議と繋がってしまうのだった。

 

 

・同性愛について

ぼくが同性愛者(ゲイ)としてブログを書こうと思った理由

思春期の同性愛者(ゲイ)が孤独を感じる7つの理由

同性愛者(ゲイ)から異性愛者(ノンケ)への片思いの恋がつらい5つの理由と、それでも人を愛することが素晴らしい理由

異性愛者(ノンケ)へ叶わない片思いをしている同性愛者(ゲイ)が聞きたい中島みゆきの隠れた名曲18選

どうせ叶わないからゲイがノンケに片思いしても時間の無駄だし価値がないというのは本当か?

好きな人に好きと言われない運命!ゲイのぼくは日常生活で普通の恋愛ができないことを悟った

ゲイがノンケに恋をすることは、人がどうせ死ぬのに生きることと似ている

ゲイがノンケに告白するのは迷惑だから告白すべきではないというのは本当か?

ノンケの親友を恋愛対象として好きになることは彼に対する裏切り行為になるというのは本当か?

ゲイからノンケへ告白!男同士で告白する際の3つの危険性と、その危険を乗り越える意味

男が男に告白するコツと注意点を経験から徹底解説!自分も相手も傷つけずかろうじて穏便に告白を成功させる方法

女っぽい男は異常じゃない!男の肉体には男の心だけが、女の肉体には女の心だけが宿るというのは本当か?

同性愛者は異常じゃない!男が男を好きになることは、異常で気持ち悪くて変態的だというのは本当か?

差別や偏見や悪意!人間社会で生き辛い同性愛者が意識すべき物事の考え方5つ

ソウルメイトが同性だった場合は?魂同士が同性を求め合ったとき、肉体的な性という現象が尊い縁を撹乱する

ノンケは絶対に男を好きにならない?「自分は同性愛者だ」「異性愛者だ」というのは脆弱な帰納法的公式に過ぎない

ノンケは男の体に興味を持ったり発情しないというのは本当か?

あまりに同性愛的な関係性?!エヴァ幻の24話ではシンジがカヲルに告白し、裸体で海を泳ぎ、キスまでしていた

男は男を好きにならないよ!渚カヲルはなぜ男である碇シンジを好きになったのか

友情というより同性愛的?!しんのすけと風間君はディープキスするほど仲良しだった

森栄喜さん写真集tokyo boy aloneは透明感あふれる東京の街並みと男性ヌードが織りなす名作

ノンケに切ない片思いをしているゲイが見たい名作BL映画3選

少年に精液を植え付けられることがなかったら、ぼくたちは何を求め愛しただろうか

同性愛者は人を愛することによって否定される運命を背負うべきだというのは本当か?

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ