浜崎あゆみが1998年オールナイトニッポンで自ら語ったMAX松浦との関係を全文公開!

 

浜崎あゆみはバカじゃない!!!!!

浜崎あゆみが1998年オールナイトニッポンで自ら語ったMAX松浦との関係を全文公開!

・浜崎あゆみの「M 愛すべき人がいて」が話題
・伝説の1998年「浜崎あゆみのオールナイトニッポン ”浜崎あゆみはバカじゃない”」
・浜崎あゆみが自分自身で語ったMAX松浦との関係性を全文公開!
・MAX松浦はドラマのキャラクターそのまんま?

・浜崎あゆみの「M 愛すべき人がいて」が話題

浜崎あゆみとプロデューサーのMAX松浦との関係を描いた「M 愛すべき人がいて」のドラマが話題だ。浜崎あゆみの半生を描いているとは言え、ドラマを見ていると本当だか嘘なんだかよくわからない場面も多いが、小説の方の「M 愛すべき人がいて」は一応本人にインタビューもしてきちんと作っているらしい。彼女の輝かしい全盛期を共に体験した人からすれば、彼女のデビュー当時の恋愛模様は気になってしまうに違いない。

created by Rinker
幻冬舎
¥550 (2020/11/27 19:21:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

・伝説の1998年「浜崎あゆみのオールナイトニッポン ”浜崎あゆみはバカじゃない”」

そんな彼女もデビューシングルから売れたわけではなく徐々に徐々に売れていき、1stアルバムの「A Song For XX」でミリオン突破の大ヒットを記録したところから彼女の伝説は本格的に始まるようだ。この「A Song For XX」の大ヒットに一役買ったのが1998年12月28日にラジオで放送された「浜崎あゆみのオールナイトニッポン ”浜崎あゆみはバカじゃない”」だったようだ。

このラジオの中で彼女は普段の天然ボケなテレビ出演の様子からは考えられないほどしっかりと喋り、自分の父親や母親のこと、親友のこと、そして自身のプロデューサーのこと(このラジオ番組に同席にしていた)などを包み隠さず話すことにより若者の共感を得たと言われる。

このラジオの最も重要なポイントは彼女の幼少期に父親が離婚して出て行ったということと、彼女が母親に向けて「A Song For XX」という名曲を作詞したこと、「A Song For XX」の「XX」は他でもない彼女の母親であると明かしたことだった。彼女がラジオ内で何を話したかの全文は以下の記事に記載している。

浜崎あゆみのくれた孤独とA Song for XXに秘められた母親への思い

そんな「浜崎あゆみのオールナイトニッポン ”浜崎あゆみはバカじゃない”」の中では興味深いことに、当時交際中だったと話題沸騰中のプロデューサーMAX松浦との関係を、浜崎あゆみ自身が語っている場面があったので、今回はその部分の全文を抜粋して記載しようと思う。

 

 

・浜崎あゆみが自分自身で語ったMAX松浦との関係性を全文公開!

「浜崎あゆみのオールナイトニッポン ”浜崎あゆみはバカじゃない”」の中では、彼女が直接一般人に電話をかけて会話するというコーナーが点在していた。その中のある女の子との会話の中で、彼女はMAX松浦について詳細に言及する。以下にその全文を記す。

 

浜崎あゆみ「またまた電話つないでみましょう。ペンネーム白いうさぎさん、電話つながってます。もしもーし!」

うさぎ「もしもし」

あゆ「今晩は」

うさぎ「今晩は」

あゆ「(笑)イェイ」

うさぎ「(笑)はい」

あゆ「18歳?」

うさぎ「はい」

あゆ「若い」

うさぎ「若いですか?」

あゆ「うん、いいなぁ」

うさぎ「2歳しか変わんないじゃない」

あゆ「(笑)お話はなんでしょう?」

うさぎ「はい、えっと、悩みごとの相談で、えっと、高校を卒業して専門学校行ったんですけど、つまんなくて辞めちゃったんですよ。それでバイトも、その後やってたんですけど、先週、辞めちゃって。で、これから、何していいのかわかんないっていうか。あの、浜崎さんは、今、歌をうたって、仕事を見つけてるじゃないですか。自分は、どういう風に仕事を見つけたりとか、この先、何をしたらいいのかわかんないんで、それを相談したいんですけど」

あゆ「ああ、そっかぁ。あゆはね、歌を見つけることができたんだよね。すごく一緒で、あゆはね、高校、卒業してもなくて、途中で、自分から嫌で嫌で中退したんだけど。で、その後、ふらふら、ふらふらしてて。で、今、歌っていうものを見つけることができたのはね、やっぱり人って、一人で何にもできないんだなって、今、すごい思うのね。だから、自分一人で何かを見つけて、何かを始めようとしても、絶対、できないと思うの。で、あゆは、なんで歌を見つけられたかって言うと、今、あゆのプロデューサーやってくれてる”MAX松浦”って、わかる?」

うさぎ「はい」

あゆ「わかる?あの人がね、あの、あゆが16歳の時から知り合いなんだけど」

うさぎ「あ、そうなんですか?」

あゆ「そうそう。だから、4年ぐらい前から知り合いで。で、一緒にカラオケ行った時にね、『お前、歌、下手だなぁ』って言われたの、あの人に」

うさぎ「ええっ?」

あゆ「で、『歌、下手だけど、声はいいなぁ』って言われて、『レッスン行ってみろ』って言われて。んで、その頃、学校も行ってなくて、なんにも仕事もしてなくて、やることなかったから、まぁ、行ってみてもいいかなってぐらいで行ってたんだけど、その後になんか、ずーっとそれまでは、高校でも中学でも、あゆは、『浜崎は何も出来ない』って、ずっと言われ続けてきたのね。『お前は何もできないんだから、何も余計なことするな』って言われてたの。だから、中学校も全然行ってなくて、高校もやっと入ったんだけど、途中で辞めちゃって。で、そんな時に、そのMAX松浦って人が、あゆに、『お前はできるよ』って言ってくれたの。で、その頃、あゆね、ボイストレーニングもさぼって、ダンスのレッスンもさぼって、遊んでたのね、一生懸命。どうやって遊ぼうか?って考えてて。そんなあゆに、『お前はできるよ』って言うわけ。んで、『お前は詞を書くこともできる。歌をうたうこともできる』って言うの。んで、『お前には何かを感じる』って言ってくれたわけよ。 で、あゆはそういう人に会ったことが初めてで、親にもそんなこと言われたことないし、あゆに期待をしてくれる人っていうのに会ったのが初めてで、すごいショックを受けて。これが、たとえ、このおじさんの勘違いだとしても、あたしは、できるかぎりのことをやってやろう!と思って。で、やって、何とか今の位置にいることができるんだけど。それはやっばり、MAX松浦に出会えたってこともあるし、それから、出会ってから、今のマネージャーだったり、今いる周りの人たちに、周りのスタッフに出会えたこともそうでさぁ。すごいやっぱり、いろんな人に助けられて、今のあゆっていうのがいて。だから、一人じゃきっとやってこれなかったのねって思うのね。だから絶対に、白いうさぎちゃんも、そういう、すごく大切な出会いっていうのが、きっと訪れる時がきて、それは、明日かもしれないし、もしかしたら、10年後かもしれないけど、そのチャンスを、絶対に見逃さないでほしいなぁって、あゆは思うのね」

うさぎ「いつか必ずきますかねぇ?」

あゆ「うん、くる」

うさぎ「はい(笑)」

あゆ「あゆは、絶対くると思う。その時に、白いうさぎは、絶対チャンスを逃さないと思う」

うさぎ「はい」

あゆ「うん、だから絶対チャンスを見つけてね」

うさぎ「がんばります」

あゆ「うん、がんばってね」

うさぎ「ありがとうございます」

あゆ「ありがとねー」

うさぎ「はい」

あゆ「という訳でですね、ここで一曲聞いて下さい。浜崎あゆみで、”Trust”です」

 

 

・MAX松浦はドラマのキャラクターそのまんま?

ドラマ「M 愛すべき人がいて」の中のMAX松浦は疑うことなく夢を追いかけるかなり熱い男として描かれているが、浜崎あゆみからのこの部分の話を聞く限り、本当にドラマの中のキャラクターそのまま熱い男のようで面白い。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

浜崎あゆみのくれた孤独とA Song for XXに秘められた母親への思い

浜崎あゆみの恋愛観とは?!あゆ自身が1998年オールナイトニッポンで語った”恋愛観”全文

浜崎あゆみA Song for XXのXXとは浜崎あゆみの母親のことである

涙なしには聞けない!浜崎あゆみが自身の父親に向けて書いたと言われる4つの名曲

父親の死やおばあちゃんのお葬式の歌も!浜崎あゆみの初期の隠れた名曲10選

created by Rinker
¥1,650 (2020/11/27 23:08:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
幻冬舎
¥550 (2020/11/27 19:21:21時点 Amazon調べ-詳細)