天災

 

 

どうしようもなかった愛が
わたしの中に流れ出す
嵐は巻き起こり心は滅び去り
それでもなおなぜここにいるの

果てしない祈りを天に
やがてはわたしを連れ去ろうとも
とめどない思いを星に
聖なる言葉が連なり星座を映す

涙が枯れ果てた先に見せるのは
空っぽではなく満たされた存在
天災の後に導き出されるのは
喪失ではなく再生の予兆

わたしの怒りが大地へとつながる
怒りがこの世で最も美しい感情
わたしの悲しみで海が震える
世界のすべての水が悲しみに呼応する

清らかなものは常に冷たく
愚かしいものだけがいつも生温かい
素手で掴む真理は氷よりも冷たく
わたしをかじかませいずこへと消えゆく

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ