ぼくの幼い少年

 

 

あなたが髪を優しく撫でるとき
ぼくは嬉しくてあなたに身を委ねた
ぼくは小さな獣のふりをして
あなたにもっと慈しまれることを願った

けれど本当はぼくがあなたの
髪を優しく撫でてあげたかった
あなたの前では弱くなるべきだと
命じる本能があったから力を失くした

遠い昔にお母さんが
ぼくを慈しみ髪を撫でてくれたように
今度はあなたがぼくの子供になって
いつまでも甘えさせてあげたかった

ぼくに甘えるあなたの姿は
誰にも見せられない2人だけの秘密
男は外で弱々しくあってはならないと
強がった分だけぼくの中で子供になった

あなたがどんなにひどいことをしても
あなたの髪を撫でてやればよかった
あなたを胸の中で抱きしめて
いつまでもぬくもりを伝えればよかった

どんなに悪いことをしても見捨てない眼差しを
男の子はみんな求めているのに
あなたが少し裏切ったくらいで
泣いてあなたを責めるべきではなかった

ぼくの腕の中で弱かったあなたを忘れない
誰にも見せないあなたがここにいたことを忘れない
あなたが鍵を渡してくれたことを忘れない
幼い少年が2人 お互いの秘密を明かした日々

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

大学時代、ぼくは片思いしているノンケの友達に膝枕されるのが好きだった