春の光の中の秘密

   

閉ざされた春の光の中で 起きたことは2人だけの秘密 おそれることはない 逃げ出すことはない 永遠に誰も知ることはない

ぼくがどんなにあなたとの物語を 言葉として綴りこの世に解き放っても 本当のことはなにひとつ 春の光の中から抜け出せない

2人だけの尊い記憶は 2人だけのまま眠っている ぼくたちはあの日の春の光の中で 髪を撫でながら今も見つめ合っている

たとえばぼくがいつか死んで あなたのことをすべて忘れ去っても 肉体がこの世から消え去っても 秘密と光を抱きしめたままあなたと共にいる

伝わる鼓動も 頬のぬくもりも 濡れた果実も 何もかもすべてがあの日のままで

    ブログランキング・にほんブログ村へ
大学時代、ノンケの彼とゲイのぼくは会うたびにキスするようになった